HOMEsoto Designブログ施工例大阪市南部の外構デザインパース

大阪市南部の外構デザインパース

大阪市内南部外構プラン

今回は 次に外構工事が始まる物件のご紹介です。

大阪市 都会の住宅地にある角地で 道路後退などもある敷地条件です。
立派な建物には 玄関が2つあるいわゆる2世帯住宅です。

こちらの作品では 法律的な敷地要件(道路後退など)はもちろん守った上で 
住宅メーカーが先に作製している 各世帯の玄関前にある玄関ポーチを
親世帯のポーチと若夫婦のポーチ ひとつに合体して作り直して 2世帯共有の少し大きなポーチに変更しました。
そのため敷地を有効に使うことができるようになって さらに便利で無駄のない動線になっています。

弊社では 住宅メーカーさんが完工し引き渡したあとに工事に入ります。
そのときはすでにメーカーの方で玄関ポーチが出来ていることがほとんどです。
プランで玄関ポーチが必要なくなったり カタチの変更をするべきだったりすることが ほぼ100%なので
できれば住宅工事をしている間に「玄関ポーチ作らなくていいです」と言えるほうがいいのですが
たいてい出来たばかりの玄関ポーチを壊してやりなおすことになります。無駄ですね。
住宅メーカーさんのつける玄関ポーチは ただついているだけで
その後の使い方や動線について考えたうえで制作されたものは無いようです。

こちらの物件は道路後退についての一部の作業はすでに行いましたが 本番の工事はこれからです。
早く着工できるといいなと思います。