HOMEsoto Designブログ工事について

工事について

京都のホテル施工はじまりました

2019年11月18日|カテゴリー「工事について
京都ホテル施工初日

暑い時期から打合せを重ねていた京都のホテルのお庭施工が始まりました。
10月末から着工予定で準備していたのが20日以上遅れてはじまり、年末までに毎年ギリギリのスケジュールで剪定作業を行っている造園部にとっては 本当に大変な予定変更になり正直痛手ではありますが
お受けした以上 クオリティもおとさず約束通り もしくはそれ以上の施工をすることにかわりはありません。
本日は 以前とあるところから預かっていた石材や灯籠、植木屋から仕入れた大きめの植木などを置いていきました。
いうまでもなく その他の施工はほとんど終了した現場になりますので いろんな障害もあって思うようにスムーズではありませんが 職人の技術と入念な準備により今日の予定はきちんと終えることができました。
明日は防草シートなど 下地処理を行う予定です。

堺市N様邸の庭リフォーム

2019年11月12日|カテゴリー「工事について
造園部の剪定
N様ガーデンリフォームパース
大阪府堺市の外構造園工事を監理しにいってまいりました。
こちらの現場は数年前にsotoDesignにて外構・エクステリア工事のご依頼を頂いたお客様になります。今回の工事依頼内容はご家族で使用されるお庭ということでご依頼いただきました。これまでも現地には樹脂木のウッドデッキがあったのですが使い勝手があまり良くないので庭全体に使用できるようにプランしてほしいという内容で打ち合わせが始まりました。
このウッドデッキですがsotoDesignにご依頼いただくお客様の中でも人気アイテムでよく打ち合わせ段階で出てきます。
ただウッドデッキを貼った部分とそうでない部分に大きな段差ができてしまい結局はウッドデッキ部分しか利用できない状態になってしまいます。予算が十分に有り敷地いっぱいまでウッドデッキを貼れば かなり使い勝手などは良くなると思いますがコストがかなり掛かってしまうことでほとんどのプランは限られた部位でのウッドデッキ範囲になってしまいます。それにもし全面デッキ貼りになるとデザイン的に大きな問題が出てきます、お庭がウッドデッキだけで埋まってしまうことになり視覚的デザイン的には全く問題解決には至りません。そこで今回のプランのように庭のグランド(敷地)をタイル貼りにて全体に底上げし 植物や立水栓や目隠しなどの必要な要素を取り込んでいくというデザイン方法でプラン作製すると写真右のようなプランになりました。

この状態でなら敷地いっぱいにご家族で使えてデザイン的にも有効なプランとなります。
工事はまだまだ序盤でこれから色々な工程を経ていくことになりますがその様子はブログでも紹介してまいりますので宜しくお願い致します。

大阪高槻の外構途中経過

2019年10月29日|カテゴリー「工事について
高槻の外構タイル前

高槻の外構施工中玄関前

本日は朝から雨模様だったので工事の進行はありませんが 現在進行中の現場の確認に行って参りました。
この現場はご夫婦のために建物を全面リフォームされた直後にsotoDesignにお問い合わせ頂きプランニングさせていただいた物件で 計画完了から数ヶ月お持ち頂き工事に入っている物件になります。本日は雨模様で職人さんもいない現場でsotoDesignがお伺いした時間帯はお客さまもちょうど外出しておられたようで 一人現場の確認をおこないました。

現在の進行状況は玄関のタイルステップが途中まで完成してきた状態です。sotoDesignでよく使う手法の玄関ステップ形状変更をおこなっており写真でご覧頂くとよくおわかりいただけると思いますが 玄関まわりが非常に広く見えるように変化しました。あと建物のアクセントカラーのブラウンと玄関タイルのブラウンが非常にマッチして非常に良い感じに見えます。工事完成後には門柱のシンプルさもアクセントになる予定です。それと現場で一人みていて感じたのは 工事途中ではありますが非常に造作物のバランスが良いと感じました。これは長年この業界で設計したいる者でも予想困難で工事完成してみないとわからない部分でこの現場はこの段階でわかります。今後完成が楽しみな物件になります。
このあとタイル工事が終了すればかなり様子がハッキリ見えてくるので ブログでも紹介しますのでお楽しみにお待ち下さい。


大阪府堺市の外構着工いたしました

2019年10月28日|カテゴリー「工事について
堺市外構工事着工
昨日から大阪府堺市の現場工事の着手をしております。
こちらの現場は数年前にsotoDesignで新築外構・エクステリアの工事をお受けしたお客さまで、今回はご家族のためにお庭を全面リフォームするということでsotoDesignに再依頼頂いたというとても有り難いお客さまになります。
隣地にお建ての兄弟さんの外構・エクステリアも当時担当させていただいたので今回で三度目のご依頼になります。建築地は堺市なのでsotoDesign所在の吹田市からは決して近いわけでもないのですが いつもお声掛け頂き嬉しく思っております。
これまでのお庭の内容は先代の和風建築用にしつらえてあった和風庭園だったので 今回のガーデンリフォームでは完全に洋風ガーデンに創り変える計画ですが よく耳にするイングリッシュガーデンとか何々風ガーデンなどというプランではありません。そこはあえて言うとsotoDesign風になります。
無国籍で何にも似ていないものを創る癖がついていて お客さまと現場にとって最善なプラン創りを目剤しており、勿論こちらの現場も一貫してこの考えること無く素敵な外構造園計画になっていると思いますので
今後当ブログでレポートしてまいります。

大阪茨木市の外構完成しました

2019年10月19日|カテゴリー「工事について
新しい茨木の外構門まわり

新しい茨木の外構完成の様子

色々なことが重なり工事完成が少し遅れていた大阪府茨木市の物件が先日完成いたしました。
こちらの物件は数年前sotoDesignで工事させていただいたY様の外構・エクステリアをご覧頂き お問い合わせ頂いた物件です。お打ち合わせ中に去年関西でおきた地震と台風により工事保留となっていた外構プランでした。その外構プランが紆余曲折の末ようやく工事完成を迎える事が出来ました。
午後から小雨で夕方から本格的になった雨の中工事を終了しました。この工事最終日はsotoDesign自身 一日中現場にて指示等を出しながら手伝える作業を手伝うことになります。それらの作業が全て終了した直後の様子をご紹介します。

すでに夕方になり設置した照明が全て点灯し おまけに雨模様なので中々雰囲気のある写真が取れたのではと思います。
プラン内容は ガレージがオープンですが基本的には門扉で閉じられたクローズド外構になります。
自動車を縦列駐車で二台止めなければならない 間口方向に広く奥行きの少ない敷地条件になります。普通にガレージとアプローチ等のゾーニングをおこないプランしていくと 誰が考えても抑揚のないデザインになってしまいがちなところをデザインで乗り越えれたと思います。
現場でも通行人々が立ち止まり現場を見ておられるのを多数目にしました。何よりお客さまが工事完成後に大変感動されていたことが印象的でした。この現場は他の現場以上に苦労と努力をしてきましたのでこれらの評価を頂くことがとても嬉しくすがすがしい日となりました。
日中に撮影した写真も 後日掲載します。