HOMEsoto Designブログ工事について

工事について

吹田市の外構ガレージ土間コンクリート工事完了

2020年3月27日|カテゴリー「工事について
吹田市外構モルタル土間
土間工事きれい
今回の写真は現在大阪吹田市で外構・エクステリア工事中のガレージ土間工事について少しお話したいと思います。
こちらの現場は今月の初旬から工事着手しておりすでに門廻りやアプローチ工事及びカーポート屋根やウッドデッキ部分が完成し 昨日はガレージ土間コンクリートの工事をおこなったので その時の写真をご紹介させていただきます。
まず土間コンクリート隅部のアール加工もとても綺麗にできておりアプローチ部に使用している自然石乱形石を模したくり抜きも非常にうまく収まっておりました。このくり抜き模様はコンクリート土間の味気なさを少し回避してくれる役目を果たしてくれます。複数個空いている模様にタマリュウや化粧砂利を入れることにより同じコンクリート土間仕上げでも十分素敵に見えます。今日の現場監理では土間の大きなコテ跡などもほとんど無く非常にうまくできており職人さんに感謝です。今後残る工事は細かい仕上げ工事や植栽工事が残りますが現在のところ工事納期的にも問題無く進んでおり上手くいけば4月中頃には植物なども完成した現場の様子を皆様にもお届けできるのではと思います。丁度新緑の緑がきれいな時期だと思いますので今から完成が楽しみな物件です。


大阪吹田市の外構貼りもの施工

2020年3月23日|カテゴリー「工事について
石の乱張り作業
階段タイル貼り
大阪吹田市の現場進捗になります。
門廻りの工事がかなり進んで来ました、門袖にも300*600サイズのタイルが貼り終わり笠木の施工も終わり 階段の300角床タイルも貼り終え 本日よりアプローチの自然石乱貼り工事に着手しております。
よく見ていただくと乱貼り角部にはアールが取ってあるのですがこのアールが作業のスピードを遅くしていたみたいです。そもそも石貼りにおいて階段部等の立ち上がり部は手がかかる部位でありますが タイル等の方形材料を貼るのとは違い自然型の石材をジグソーパズルのように張り合わせていくのですから 時間がかかるのもうなずけます。
どうしても形が合わない場合は石材を割ったり切ったりしながらの合わせ作業。時間がかかって当たり前ですがその分仕上がりに期待できます。貼り終えた部位はまだ少ないのですが今後施工が進むのが楽しみな部分です。
ご覧のように300角タイル貼りについてはいつものように問題なくとても綺麗に仕上がっております。階段手すりの柱も仕込んでおりますので 後は手すりビームを取り付ければ階段部分も一通り完成ということになります。
ここまで来れば工事半ばも完了でガレージ土間を施工すれば工事完成が大分と見えてきます。各工種の職人さん達も頑張ってくれておりますので工程に遅れもなく順調に進んでおります。
この先お客様と現場で進捗状態をおこなったりしながら工事後半に突入ですします。

大阪吹田市の外構進捗の様子

2020年3月19日|カテゴリー「工事について
吹田市の外構工事カーポート設置
吹田市の外構工事下地施工
大阪吹田市の外構進捗の確認に行ってまいりました。本日進捗確認できたのは門袖の左官下地とアプローチ部乱形石貼りの下地階段及びカーポート屋根が出来上がっていました。
工事進捗率でいうと全体の40%程の進捗率だと思いますが 階段や
門袖おまけにカーポート屋根が現場で見れるようになるので随分工事が進んだ感があります。実際はまだまだ工程が残っております。
階段もアプローチもガレージ土間工事 更にウッドデッキ工事などの工事が残っていますので 完成までには当分時間を
要すると思います。
話は変わりますがこちらの物件は住宅地の角地に位置しておりsotoDesignには珍しくお客様の
リクエストで植物を沢山植えてほしいというご依頼になっており植木の実物確認も含めてお客様と畑に確認にいく予定になっておりますのでお客様共々工事の出来上がりを今から楽しみにしております。ちょうど自動車の通りからも見える場所に位置していますので道行く人や車での通行の人たちに目についてくれれば良いなと考えております。
外構・エクステリアのデザインにおいては いつものsotoDesignテイストの中に少しトラディショナルなデザインにしていますので出来上がりを講義期待下さい。もちろんブログでもきっちり紹介させていただきたいと思います。

ゲート・三協ライアーレや照明の設置完了しました

2020年3月14日|カテゴリー「工事について
三協アルミ ライアーレ
土間に照明施工
本日はあいにくの雨天で現場作業はおこなわれておりませんが昨日現場でゲートやガレージ土間に照明などが設置され完成にまた一歩近づきました。
そのゲートは三協アルミのライアーレと言う商品で時々sotoDesisgnでも使用させていただいている商品となります。
この商品の良いところはゲートの開き方にあります。各メーカーで見た目が同じような商品は多数存在しますがライアーレのように両側に引き分けられるゲートは他には無いのではと思います(勉強不足で存在する場合はすみません。)。
特に今回の物件のように横に2台並べで駐車する場合は特に都合の良い商品になります。駐車する際に反対側へゲートをスライドさせれば簡単に駐車スペースに駐車可能となります。これのどこがすごいことなのかと言いますと、これまでのスライドゲートではゲートをたたんだ際の「たたみ代」ができます。そのたたみ代が干渉しないようにゲートの幅を駐車スペースよりも大きなゲートを用意しなければならなくなります。今回使用のライアーレは両方からの引き分け可能なゲートなので駐車する際の反対側へゲートをスライドさせれば何の問題もなく駐車できてしまいます。実際にこちらの邸ではこのライアーレ以外のゲートたたみ代を考慮しなければならないサイズのゲートは間口の問題で使用できない現場でありました。ライアーレなので綺麗に収まったプランになります。開閉操作もリモコンで簡単に左右の引き分けが可能で快適に使用いただけると思います。
ガレージ土間にはデザインと機能の両立で駐車スペースを分けるようにフロアーライトを配置することにより夜の駐車を助けるアイテムになります、なるべく照明器具に負担をかけないように土間レベルより少し低いところに照明を設置してあります。今回の写真では少し分かりづらいのですがその御蔭で照明点灯じに少し影が落ちてとても綺麗に照明が点灯しています。
ここまで来れば現場完成もすぐそこまできておりますので頑張って完成にむけて作業を進めて参りますので皆様お楽しみに。

吹田市の外構工事途中監理

2020年3月11日|カテゴリー「工事について
袖壁の下地
吹田市の外構ブロック積み
今日は午後から大阪吹田市の現場監理に行ってまいりました。
先日に着工したばかりの現場ですが 毎日数名の職人さんで工事を進めておりますのでとても現場の進みが早いように見えます。作業が早いだけではなくとても丁寧な仕事がなされております。
写真をご覧いただくとおわかりいただけますが 下地CBブロツクの仕上がりも とても下地積みとは思えないレベルの仕上がりです。今回門廻りの仕上げは塗り壁になるため現在のブロックの仕上がりは全て隠れてしまうので少しもったいない気もしますが 実は制作物で「仕上がりの良し悪しは下地で決まる。」とよく言われますが 外構・エクステリアの世界でも全くその通りで結果的には下地を丁寧におこなうと
施工にかかる時間も短くできますし 何しろ仕上がりも綺麗に仕上がるという事なので今回この現場で作業されている職人さん達の行動は理にかなっていると思います。
sotoDesignの知りうる職方さんの中でもなんとも頼もしい職人さん達で仕事を見ていてもとても気持ちが良いです。その後
職長さんと部材の納期や今後の工程について打ち合わせさせていただき今日の現場監理はひとまず終了です。
今後の現場進捗も細かくレポートして参りますので宜しくお願いいたします。