HOMEsoto Designブログ工事について

工事について

大阪吹田市の外構で植栽工事

2020年9月19日|カテゴリー「工事について
吹田外構ナチュラルモダン

吹田H邸植栽作業

爽やかな風が吹き朝晩だけほんの少し過ごしやすくなりましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
sotoDesignはお盆休み開け極暑の頃から外構・エクステリア工事をおこなっていました大阪府吹田市の現場で
植栽工事をおこなってきました。
写真をご覧ください。こちらの現場はオープン外構で玄関廻りとガレージ及びその奥にガーデンスペースというふうにゾーンわけがしっかりした現場になります。
建物のカラーからもお分かりいただけるように薄いベージュカラーになりますので お客様とのお打ち合わせの際にsotoDeignの得意とするシンプルモダンな様子の中に少しナチュラルな感じを取り入れてたプランでお話を進めさせていただき今回のプランに至りました。
階段廻りでは建築で使用されている同じ300角タイルを使用し廻り階段風に計画しました。300角タイルを多様としたせいで少し硬いイメージとなりましたのでガレージ土間の仕上がりで隅部にアールを取り少し柔らかい雰囲気にしており、門柱はツートーンのレンガ積みとしました。
こちらの地域は風致地区の緑化規定に基づき余白地に20%以上の緑化をほどかさなければならないので樹種や本数なども申請通りに植栽させていただきました。現場の様子は植栽をする前と後では全くといって良いほどに変化がありました。
その様子は次回のブログで詳細にお伝えいたしますのでお楽しみに。

吹田市の外構で土間コン工事が完了致しました

2020年9月10日|カテゴリー「工事について
デザイン土間の施工アイデア
土間の施工中
ここ数日ですが強烈な暑さが少し去った様に思われますね。この季節の変わり目が非常に身体にとってバランスを崩しやすいと思いますので読者の皆様もくれぐれも体調監理にはお気をつけ下さい。
さて本日のブログの内容はお盆休み明けから工事着手しております 大阪府吹田市の外構でガレージの土間コンクリート工事のレポートになります。
ほとんどの物件で活躍してくれるコンクリート土間ですが、どういう訳かみなさんの評価はあまり高くないようでお客様のとの打合せ時には「土間コンクリートじゃない別の仕上げで!」というお言葉をしょっちゅう耳にしますが sotoDesignのご提案するプランのでは逆にほとんどの物件で必ずと言ってよいほど選定される素材と収めになります。
ただ普通に土間コンクリートをそのままプランに取り込むとお客様にあまり良く見ていただくことはできません。
そこで、どこででも誰にでも気軽に使用していただけて施工金額的にも抑えられる土間コンクリートをどの様にご提案すればお客様達のけぎらいや食わず嫌い的な考えを変えられるだろうかということからsotoDesignではこれらの収めをよく使用しております。まず土間コンでよく目にするスリット目地ですが規則正しく入れるのではなく、不規則に自由方向に目地を取りその土間先端を丸めるという手法ですが、これが想像以上にコンクリート土間に表情を与えることになります。
何度も言いますがこの手法ではコンクリート以外の材料は基本的に使用しておりませんので、世間でいわれる土間コンと言われる仕上げになります。CAD写真と2枚目の実際の施工写真をよくご覧下さい。
同じ土間コンでもこれなら土間コンでも良いと思いませんか?実際にsotoDesign事務所にお打ち合わせに来れれてこれらの施工写真をご覧いただくと ご納得頂いてガレージの仕上げは土間コンクリート仕上げになったお客様の数は数え切れないほど見てきております。この土間コンクリート仕上げによりコストが下がり他の部分をグレードアップされたお客様や全体的に予算不足だったお客様に当社でお決め頂いた事例もたくさん有ります。
この様にデザイナーが少し解釈を変えることにより全く違ったご提案ができるとを常に頭に置き各物件に取り組んでおります。もし外構・エクステリアデザインでお困りの方があられましたら一度sotoDesignにお問い合わせ下さい、他社と違った素敵なプランをご提案致します。

伊丹の外構タイル工事が始まりました

2020年9月7日|カテゴリー「工事について
伊丹の外構門まわりタイル工事

伊丹の外構タイル施工

大型の台風10号は九州方面に大きな爪跡を残し日本から遠ざかっていきました。皆さんの身の周りはおかわりなかったでしょうか?
そんな週明けですが本日より兵庫県伊丹市の現場でタイル工事が始まりました。こちらの現場はいつにもまして細かい納の難しい現場で朝一番から職人さんとじっくり時間をかけて現場で打合せをおこないました。
今回タイル工事を担当してもらうMさんはこれまでsotoDesignの手の混んだ現場も難なくこなしてくれている とても優秀な職人さんになります。どのような部分が優れているかと申しますと、こちらが意図している内容を一回の説明でほぼ理解しもらえ、その上で現場納めを理解した上で長年の経験を活かした収めの提示をしてもらえる職人さんといえばお分かりいただけるでしょうか。
このように現場でのすり合わせがスムースにいくと極暑の中での打合せにおいてストレスを感じずにすみますので非常に助かります。
特に仕上げ部分にあたるタイル貼り工事は仕上がりに大きく左右される工程なのでこのような素晴らしい職人さんに担当してもらって非常に嬉しく思っております。勿論これまで外構部分の工事も問題なく終了できているので あとは植栽工事やダメ工事を完了させお客様のチェックを受けるのみとなります。
残工事はあと少しで終了いたしますので出来上がりはブログでも紹介させていただきますので宜しくお願いいたします。

伊丹市外構の進捗

2020年9月1日|カテゴリー「工事について
伊丹の外構
伊丹ガレージ土間
残暑厳しい日が続きますが今日から9月になりました 皆さんいかがお過ごしでしょうか?
お盆休み明けから工事着手している物件の工事がかなり進んでまいりました。
写真をご覧の様に玄関周りには土間下地や門柱下地及びポストなども完了し 後はタイル貼りを待つばかりです。
2枚目の写真ではガレージの土間も完了しているのでここにきて完成が近づいて来ました。これらの写真には詳しく写っていませんが ガレージ土間等の収めで角にアールをつけている加工もきれいに収まっておりますので 今日の現場監理でも安心しました。暑い中本当に職人さん達には感謝しております。このまま工事の最後まで体に気をつけて頑張ってもらえれば嬉しいです。
話は少し変わりますがこちらの邸では表札に我がsotoDesignのsoto+でオリジナル商品として販売しておりますmasuをお選びいただいておりますので工事完成が本当に楽しみです。このmasuは現在BASEでも販売しておりますのでよければ一度検索せいて頂ければ嬉しく思います。今回のプランにより一層に華を添える存在になると思いますのでmasuの取り付けが完了し工事全体が完成しましたら当ブログでも紹介してまいりますので宜しくお願い致します。

吹田市の外構監理に行って参りました(危険なほど暑いです)

2020年8月29日|カテゴリー「工事について
夏の外構現場
IMG-9074
今日も うだるような暑さが続くなか大阪府吹田市の外構監理に行って参りました。
これだけ気温が高いと本当に職人さんの体調監理が気にかかります。この業界の職人さんたちも他業界にもれず高齢化が進んでいるので余計に気にかかるところであります。自分達の父親ほどの年齢の方も業界では珍しくはないので高齢な職人さんには特に注意が必要だと考えております。実際のお話ですが同業他社さんに現場の進捗状況を聞いてみると通常時の7割ほどの作業スピードしか出ていないようです。自分たちも外部で打合せや立ち会い等をしていて少しはこの現実を体験しているので中々施工のスピードアップ等を要求することに気後れ致します。でもお客様にも工期遅れでご迷惑をお掛けすることは絶対に許されることではありませんので 現場監理の際は特に工期の遅れなどについての話し合いなども頻繁におこなっております。
こちらの現場もこの暑さの中ですが 少しずつ進んできており、敷地奥側の外柵やアプローチの階段下地などが出来上がって参りました。来週は残りの工程からすると進み具合がもっと見えてきそうです。天気予報を見ていると9月に入ってもこの猛暑はしばらく続くようなので職人さん共々体調に気をつけて残り工事に取り組んでいきたいと思います。
工事工程も半ば折返しを過ぎておりますので「工事もあともう少しなので頑張って下さい」という思いと感謝の気持ちで残暑をなんとか乗り越えていく思い出あります。