HOMEsoto Designブログ工事について

工事について

箕面市で新規外構工事がスタート

2019年7月22日|カテゴリー「工事について
エクステリア工事の着工日
外構工事着工新規
本日梅雨空の中ですが 箕面市で新規新築物件の工事がスタートしました。
こちらの物件でのお客様のご要望はシンプルモダンでオープン外構などのご要望でした。
sotoDesignの得意とするご要望でしたが敷地条件として全面道路から玄関までの距離があまりない事をお客様は大変心配されていましたが sotoDesignではそれは珍しいことでもなく 従来の経験を活かした上で色々と思考し
シンプルなデザインの中にもアクセントのきいた良い外構・エクステリアデザインをご提案できたと思います。
sotoDesignのデザイン流儀として 決して何々風のデザインはしませんのでどの物件も出来上がると無国籍なデザインに仕上がります。決してイングリッシュ風とかバリ風などのデザイン枠には沿わないために 完成した物件は他とは違うデザインになります。
言ってみればsotoDesign流のデザインというスタイル、手前みそですがそこが当社のデザインアイデンティティーだと考えています。

これからもデザインするという大きな終点のない目標に向けて力を注いでいきたいと思います。
長々とお話しましたがこちら箕面市のお客様にもそのあたりが受け入れられたので 当社にお決めいただけたのだと思います。これからは構想やデザインではなく実際に工事を完成箚せなくてはいけないのでこれまでよりより一層注意しながら物件の完成をめざして参ります。

リフォーム外構の解体について

2019年7月20日|カテゴリー「外構業界のこと
外構リフォームの解体例

外構の解体

今年に入ってからの傾向ですがsotoDesignにお問合せいただく物件の中で外構エクステリアのリフォーム工事の割合が非常に多いと感じております。同じ業界関係者にお聞きしても同じような意見が多くその傾向は数年前から続いているといいます。当社では本当に今年に入ってからの傾向ですが リフォームの依頼数がかなり伸びていると感じております。

新築工事とリフォーム工事で圧倒的に違う事は解体工事が有るか無いかとうことでは無いでしょうか。
この解体工事というのは中々大変であり状況を読みきれない部分で非常に繊細な部分があります。
まずは解体してみないとわからない事が多いということです。例えばガレージのコンクリート土間の下に色々な配線や配管が埋設されていますが これらは解体前には全くと言ってよいほどに未知な状態で解体工事に取り掛かることとなりかなり気をつけなくはならない部分になりますので何度取り組んでもなれることの無い工程と言えるでしょう。
このように気をつけて解体工事をおこなっていても回避できないことが以前の建築物の基礎がでてきたり、コンクリートブロックで出来ているであろう構造物が実は全てコンクリートで出来ている時などは請負者としては心底困ってしまいます。解体日数(工程)は多くかかりますし、残材処分も余計にかかってきます。事態の大小もありますがお客様にご負担増をお願いすることは気が引けますので業者間でなんとか解決しようとするのですが 毎回このような事が現場で起きると解体業者さん達も快く思ってもらえないでしょう
このような事柄からリフォーム工事につきものの解体工事との付き合い方は今後大きな検討事項になっていくと思われます、実際に写真でご紹介している物件は解体工事で上記のような事柄が発生いたしましたがお客様のご負担が増えないように処理させていただきましたがやはり業者としては辛いのが現状となります。
今後もこの解体工事の問題点については出口の見えにくい問題として取り組んでいかなければならないでしょう。
この業界からリフォーム工事は絶対になくならないので少しずつでも良いので改善できるところは検討を重ね乗り越えて行きます。

箕面の外構完成間近です

2019年7月16日|カテゴリー「工事について
箕面外構工事後半
箕面外構階段仕上げ作業
梅雨明けも近づいてきて ムシムシする日が続きますがいよいよ工事終盤に入った大阪箕面市の外構の確認に行ってまいりました。
こちらの現場は梅雨の雨天に悩まされた現場で有りましたがようやくここまで工事を進める事ができました、
ひとえに各工種の職人さん達の努力の賜物だと考えております。
今回の外構の見せ所の一つであるメイン階段の形状ですが ピンコロ石野アールとそれに合わせたタイル貼りの納めがぴったりとマッチしています
手すりの取付もタイルをコアー抜きしておりますので 目地まで整った仕上がりで 
ガレージと門扉前の自然石乱形貼りも貼り終わった後にサンダー切りしていますので非常に美しい様子になったと思います。ガレー土間に開けたデザインホールも非常に綺麗に仕上がっていてお気に入りの部分であります。
この穴やスリットに化粧砂利などがはいりアクセントになるので各部位の切り分けがより一層強調されて完工が待ち遠しいいです。いずれにせよ後は植栽工事とガーデン部の樹脂ステップを工事すればこちらの邸は完成お引渡しとなります。
この物件はsotoDesignがご提案する物件の中では 少しかわいい系のデザインになっています。
詳細は完成後のブログで紹介してまいりますので今しばらくお待ち下さい。

吹田市リフォーム外構がタイル完了の姿

2019年7月11日|カテゴリー「工事について
タイルデッキはメンテナンスほぼ不要

タイルを貼ったデッキ

梅雨の合間を見て進めておりました大阪吹田市の物件でタイル工事が完了いたしました。
ご覧のようにリビングの掃き出し窓から続く300角タイル貼りになります。
以前は木製ウッドデッキだったので デッキ下部にゴミが溜まったり猫が居座ったりと色々なことがあったようなのですが タイルデッキになってそのような心配はなくなったので安心してお使い頂けるのではと思います。
タイルカラーも白系を使用しましたので実際よりも広く感じられお客様にも満足頂けると思います。
アール部は後にけがいてデザインカットをいたしますのでタイルエンドの処理はきれいなアールに仕上がる予定で、ピンコロ石積みのおかげでタイルと同じ高さまで土が入っております。
床タイルの高さにあわせて植栽を植えるのでより一層の広がりを感じられると思います。
同時にテラス屋根工事も完了しております。大型のテラスを施工させていただいたので小雨ぐらいならタイルデッキをお使い頂けると思います。熱戦遮断ポリカーボネイト屋根のオプションも選択していただいているので高温に対する対策もバッチリです。ご家族とのバーベキューや気候の良い時の来客時は色々と重宝するのではと思います。
今年の梅雨は長引きそうなので確定は出来ませんが残る工事は植栽工事等の仕上げ工事になります。
三連休明け頃には全ての工事が完了出来る予定ですのでお楽しみに。

吹田市のリフォーム外構タイルデッキ

2019年7月9日|カテゴリー「外構の材料や素材について
タイル張りのデッキ施工

タイルの施工管理

今日は吹田でおこなわれているガーデンリフォームの現場監理に行ってまいりました。
この梅雨の合間を見ての タイル貼り工事となりますが何時雨が降り出すかとヒヤヒヤしながら工事を進めています。
タイル貼り工事は作業の途中に雨天に合うとその時は問題なくきれいに貼れていても 時間経過とともに白華現象にみまわれる事があります。白華現象とは皆様も眼にされた事があるかもしれませんが タイルの目地部などが白くなったり鍾乳石のように盛り上がったりする現象です。これはタイルを貼る際に下地としてパサ(セメントと砂を混ぜてタイルの下に引く骨材のこと)を敷くのですが そのパサが雨水の影響を受けて白華してしまうわけです。ただこの現象を完全に防ぐ事は難しいのですが 基本的に水分の含水率が低い方が白華現象は起きにくいわけですから 雨天にさらされない方が良いことになります。
この度の現場はなんとか雨にたたられる事がなかったので 嬉しく思っております。このことで白華現象が発生する確率は随分減ることとなりますので一安心しております。明日テラス屋根工事を終えて明後日タイル工事の仕上げとなり工事の最終段階に差し掛かります。残るは植栽工事のみとなりますので最後まで集中して工事してまいります。