HOMEsoto Designブログ工事についてK様邸 現場監理(熟練の職方さん達)

K様邸 現場監理(熟練の職方さん達)

IMG_6564-e1509378528744
タイル職人の様子
本日は大阪府内のK様邸の 外構工事現場監理に行ってまいりました。
カーポートとサイクルポート、二階テラス屋根、ストッカーと多数
規格物の金物取付がありますので、職方と細かい打合せ(位置や高さ及び取り合い等)を重点におこなって参りました。

気心が知れた職方さん達ばかりですが、最初の詳細打合せ時はピリッとした感じが現場に漂います(良い意味で)。
普段sotoDesignは大阪で外構、エクステリア専門の設計事務所としてお仕事させてもらっています。
sotoDesignの特色はなるべくカタログ商品を使用せずに 創造しながら設計を行っているつもりなのですが
こちらのK様邸では意外に沢山の規格商品が使われています(勿論sotoDesignでも必要な時や所には随時使用しております)。

しかし もちろんこちらのK様邸に
もしっかりとsotoDesignテイストを多数ちりばめてありますので、追ってブログに書き込んでいきます。

本日はもう一つタイル工事の打合せを行いました。sotoDesignの物件ではタイル貼りを非常に沢山使用します。
そのタイル貼りをお願いしている職方さんですが、この職方さん非常に変わった職人さんで、自分で道具を作ってしまいます。
その上それらの道具は他では見たことが無い道具です。
直接職方さんに聞いてみると「こんなん有ったらいいやろ」が口癖です。ご自分で考えて使いやすい道具を作っているのです。
それと正確さはタイルの世界では考えられない程の精度でタイルを いとも簡単に貼っていきます。
間違いなく、sotoDesignの知るタイル職人さんの中でトップ3に入る腕前です。
この職人さんには何となくsotoDesignと同じニオイを感じてしまいます。

上記の様に非常に能力の高い職方さん達と仕事を共にしていると、差筋がピンと張る思いです。
職方さん、「何時も有難う御座います」。