HOMEsoto Designブログ工事について川西の外構・エクステリア工事において地道な作業の大切さについて

川西の外構・エクステリア工事において地道な作業の大切さについて

2tユニック車の外構荷揚げ作業
川西の外構荷揚げ作業
川西の外構土工事
川西の外構庭の高さ
こちらは現在大阪府吹田市に在住で この度兵庫県川西市に引っ越されるお客様のための外構・エクステリア工事となります。
写真でおわかり頂けるように 敷地はボックスガレージと同じぐらいの高さがある石垣に囲まれた高台になります。
このような高台の場合は何をするにも材料や資材を階上まで持ち上げる階上荷揚げを避けて通ることはできません。今回は自社の2トンクレーン車を設置し小分けにし荷揚げすることができました。この量のリサイクル材を人力で荷揚げしようと考えると途方も無いぐらいの労力になります。実際にクレーン車を使用しても数日間に渡り作業が続いたわけなので人力に置き換えると少し気が遠くなりますが 今回もなんとか終えることができてホッとしております。

写真の外構工事部分はリビングから吐き出し窓と連続させるようにタイルデッキをプランしているわけですが リビングのフローリングとタイルデッキの高さをなるべく合わせてほしいというお客様のご希望を叶えるために 盛土は必須になります。工事完成後に姿が見える部分では無く 地味な作業ではあるのですがとても大切な工事工程になります。この地道な作業が終了すれば 生コンポンプ車を使用し(またもやコンクリートを階上荷揚げせねばなりませんが)ポンプ車を使用すれば今回の盛土工事程の時間は要さないと思います。
このように高台敷地の場合は今回の説明でもおわかり頂けるように デザインなどと違い地道な作業ですが「荷揚げ」もとても大切な作業だと考えております。

今回のブログは外構・エクステリア工事工程のとても地味な作業の話を少しさせて頂きましたがいかがでしたか?
こちらの作業も折り返し地点を超えて11月中頃に完成予定です。その際は完成写真をご覧いただきブログ紹介させていただきますので宜しくお願いします。