HOMEsoto Designブログ工事について大阪寝屋川市の外構進捗と土間下地木枠へのこだわり

大阪寝屋川市の外構進捗と土間下地木枠へのこだわり

土間の工事木枠
外構土間下地の工事
今月より工事着手しております大阪府寝屋川市の外構進捗についてのお話です。
こちらの物件はご夫婦と小さなお子さんの新居になります。お客様のご希望はオープン外構・エクステリアでマイカーと来客用の駐車場が確保されていて 可愛いらし雰囲気の中にシンプルさが光るプランのご希望でした。お客様のご希望にそえるプラン創りの末にご契約頂き、現在はガレージ土間の土間下地コンクリートの木枠まで進んでおります。この木枠の設け方なのですがsotoDesignと職人さんでこれまで検討を重ねてきて現在の形式になっております。
他社さんの木枠入れと圧倒的な差は角の収め方でsotoDesignではブリキ板を使用しております。このブリキ使用ですがsotoDesignのデザインと切手も来れない存在で
土間コンクリートの端部に表情をつける際に必ずというぐらい必要になって来ます。この形式をとっているので土間デザインに思い切った表現が可能になっております。弊社の長い外構・エクステリア歴の中で木枠にここまでこだわって仕事をされている職人をみたことが有りません。手間は少しかかりますが出来上がった作品は別次元で美しく仕上がります。このような小さな拘りを持って作品を仕上げていく気持ちをもち続けて取り組んでいくことがsotodesignらしさと捉えております。そのせいも有りこの現場の仕上がりも抜群だと予想されますので ブログ読者の皆様にご紹介するのが楽しみです。期待下さい。