HOMEsoto Designブログ工事について大阪府枚方市の外構リフォームフェンスとお庭工事が終わりました

大阪府枚方市の外構リフォームフェンスとお庭工事が終わりました

外構ガレージ土間工事途中

大阪府枚方市で続いている外構のリフォームですが まずガレージの土間が整いました。
当初 コンクリート土間を囲うように芝生のスペースがありましたが それをコンクリートに変えてすっきりしました。
車のタイヤが乗る位置もこれなら気にならなくなりますね。

それから レンガタイルの一部をめくってあった部分にタマリュウを植えて緑地にデザインしています。
少しのことですが こういう遊びがあるとシンプルな外構も面白くなります。

9F281691-59CA-44D0-AE02-0ECC8EE5F285

中庭小さなお庭

ブロックに柱が立っていた外柵部分は人工樹脂木のフェンスがついています。横桟で隙間の少ないスッキリした仕上がりですね。
色もお家の雰囲気にピッタリしたものだと思います。
その中は目一杯のウッドデッキと そこから降りるステップとしてボイドにコンクリートをつめた丸いステップを作りました。
弊社ではよくご提案する形ですが 少しベンチ的なコンクリートの丸い筒で 天板部分は塗料で仕上げる事が多いです。


この写真で高さを注目していただきたいのですが 一番手前が一番低く ブロックの土留があり一段上がって さらに一段上がるとウッドデッキとなっていますね。本来はこの一番低いところがお庭のベースラインなのですがだいたい40センチから45センチ位基礎の高さがあるのが一般的で お庭に向かう掃き出し窓から庭へ「降りる」のがかなり大きめの段差になってしまいます。弊社では窓の前にタイルや樹脂木でデッキを作るときは水が上がらない程度になるべく室内との段差が少なくなるような高さに設定します。
そしてなるべく目いっぱい面積をデッキにする。
すると次は地面とデッキとの高低差になりますが どこかで一段土留をして庭全体をかさ上げすることが多いです。そうするとデッキから地面へ降りるのが楽ですね。
最後にどこか通路で無理なく段を作ることでお庭を快適に使えるようになるのです。
詳しくはこちらにも デッキについて詳しく写真解説しています。興味があったらご覧ください。
「茨木市・コンパクトな狭小地を豊かに彩る外構アイデア・お庭GLを上げる」

さてそろそろ後半の仕上げになってきます。また外構リフォーム工事の経過をお伝えします。