HOMEsoto Designブログ工事について大阪府箕面市の現場監理

大阪府箕面市の現場監理

箕面市外構工事
箕面市タイルデッキ施工
本日は大阪府、箕面市の現場監理に行ってまいりました。
今回の物件は部分リフォームになりますのですが・・・皆さんに質問です。
「新築外構・エクステリア工事とリフォーム工事の工事監理でどちらの方が手間ひま掛かると思われますか?」
手間ひまという意味ではリフォーム工事の方がかからないと思われた方が多いのではないでしょうか?

中々リフォーム工事の方も気も使いますし手間も掛かります。
例えば新築工事の場合 全体を工事していきますので既存物との関係(取り合いと言います)を考えなくても済む事が多いですが、
リフォーム工事の場合は既存物の高さ長さ、状態等を考慮して行かないといけないので、現場での職方さんとの打合せ等も自然と回数が多くなったりします。
その際細かい材料などの規格や部品の有無等もきっちり調べて現場作業を進めていかなくてはなりません。
今回大阪箕面市の現場では無かったのですが、既存物の解体等が関わってくるとやはり新築工事の比ではありません。

何となくリフォーム工事は簡単で簡易なイメージがありますが工事関係者からすれば、そのような事は全く感じておらず、むしろリフォーム工事の方が気を使う部分は多いぐらいに感じています。
ですから自然と現場に行く回数も増えますし 問題も次々解決していかなければなりません。
それらの事を全て乗りこえて完工を目指すのですが、物件が出来上がってしまえば監理者や職方さんの努力など目に見えるものではありません。とにかく目の前にある現場に対して最大限の努力で対応して行くだけです。

時代背景からみてリフォーム物件数は必ず増えてくるはずですので、お客様からのリフォーム依頼にきっちりとした対応のできるsotoDesignでありたいと考えております。
現場で起きるさまざまな変化に 作業している職人さんときちんと連携や相談をうけてはクリアし きれいに完成させてみせます。
大阪で外構・エクステリアリフォームをお考えの方がおられましたら是非お問い合わせ下さい。お待ちしております。