HOMEsoto Designブログ工事について大阪箕面市の外構着工

大阪箕面市の外構着工

箕面外構着工
先日より大阪府箕面市の現場着工となりました。
この現場は全面道路の幅員を広げるために道路中心後退を行わなければならない現場で道路幅員を広げた位置に
箕面市が指定指定いる規格の側溝を設ける工事からとなります。
まずは現状の側溝や道路の一部を解体して 新しい側溝を設けていくのですが、どの位置に側溝新設するかなどの寸法取りが本日の中心になります。
基本的にこの道路後退(中心後退)道路の幅員を4メートル確保するため(主に自動車の行き来が出来るようにする。)
の行為なので工事完成後はきっちり幅員4メートルが確保されている事が大前提になります。
なので寸法とりをきっちりと行わなければ行けない とてもシビアな工程になります。
当日もほぼ午前中いっぱいの時間を使用して寸法取りを終えました。
この側溝工事自体の工期としてほぼ10日程の工期を見ております。
その側溝工事を終了させて初めて外構工事に取り掛かって行くことができます。

今回の物件のデザインはシンプルモダン造形を意識してプランしてみました。
お決まりのオリジナル制作の部分も てんこ盛りです。
勿論 このsotoDesignブログでも外構・エクステリア工事の内容を取り上げて参りますのでお楽しみに。