HOMEsoto Designブログ工事について豊中市のタイル貼りの外構で植栽工事を行いました

豊中市のタイル貼りの外構で植栽工事を行いました

豊中市で外構工事をおこなっている物件も工事が後半に入りました。
タイルでほとんど覆ってしまうデザインの外構ですが 植木の入る部分にシンボルツリーや植栽の施工を行いました。
タイルがエントランスの大半を埋めるので 当然緑地帯の印象は大きく 彩りをそえて季節感を感じる部分になるので
デザインの上でも重要な工事になってきます。
sotoDesignの造園部と植え込み作業へいきました。植木や植物には 顔があって正面に向かっての向きや角度を微調整しながら植物や植木を植えていくのですが 職人と一緒に樹木の顔を探しながら相談し 一番よく見えるバランスで配置して植えていってもらいました。フラワーアレンジをする方なら同じことをお考えになると思います。あれも花の顔の向きを考えてバランスを取りますね。庭木も同じなんです。もちろん造園のセオリーもあります。だけど華道やフラワーアレンジに通じるものも多くあります。そういう観点でよそのお庭やシンボルツリーをながめてみるのも面白いかもしれません。
造園外構工事作業

タイル土間に植木
脱線してしまいましたが
タイルの床面をごらんいただくときれいにくり抜いてカットしているのがおわかりいただけると思います。
ここへ いまお話したように相談しながら配置した植栽を職人に丁寧に植え付けてもらったあと
グリ石(大きめの天然石の砂利)を敷き詰めて仕上げるつもりです。
シンボルツリーや植栽は 植えてすぐはまだ小さく細いものですが 数年経つと横にも縦にも大きく育ちますので
少し余裕を持って植えておきます。植えてしばらくはもちろん 暑い時期にせっせとお水をたっぷりやってもらえると
植物は正直なので茂り方に差がついてきます。特に今年のように暑いと人間とおなじように植物も喉が渇きます。
夏場は水が溜まるほどたっぷりと 一度かけてまた戻ってきてさらに水をまくくらい しっかりやってもらえるといいと思います。冬場はそれほど必要がありませんが 葉っぱの様子に気を払ってもらえるといいですね。

このあと仕上げて 門まわりに表札なども取り付け ようやく外構完成となります。
玄関前に植木を植える