HOMEsoto Designブログデザインへの考え方築年数が浅いエクステリアの全面リフォーム増加中

築年数が浅いエクステリアの全面リフォーム増加中

今日は エクステリアリフォーム依頼の件について書いてみます。

この数年ですが リフォーム物件の依頼数が増えている事を感じます。
新築のご依頼数が増えたとか減ったといういうよりも
新築物件数はそのままに リフォーム物件が増加しているという事です。
それだけなら時代の流れから 予想がつきますね。
みなさん健康で長生きで 生活様式や家族構成が変化し
またお家が古くなって あちらこちら不具合が出たので改装する場合もあるでしょう。
でも 私が実感するのはそういうケースではなく、
新築後1~2年でのエクステリアリフォームご依頼が多い気がします。
それも ほぼ全面リフォーム(全面改装)です。

全面リフォームをご依頼いただいた経過をお客様にヒアリングしていると、
何パターンかの姿が見えてきます。

一つは目は、新築時に資金がエクステリアまで 充分にまわらなかった方。
やりたいことが全部はできなかったというのは よくお聞きするケースです。

二つ目は、建築会社にまかせておいて 家の建築に頭がいっぱいのうちに いつのまにか
コンクリート土間とアルミ製門柱だけのエクステリアになってしまった と言う悲しいお話です。

sotsDesignでは 工夫したデザインやオリジナルプロダクトの創作などで
プラン的にも美観的にも なんとか予算的にも 解決方法を提案して
最後は喜んで頂けたという物件を たくさん経験してきました。
どんなに慌ただしい新築時も
カーポート 門扉 門柱をただ並べるというエクステリアではなくて
きちんとデザイン、創造した提案を考え 施工するということが
数年後 やっぱりリフォームしようと お金と時間を使うはめになる事も防げるのですね。

無駄なスクラップ&ビルドなど お客様にとって嬉しくない結果です。
こうした経緯のお客さまと打合せをしていると、いつも歯がゆいような気持ちになります。
家を建て おざなりに外構をして 逃げるように連絡が途絶える住宅メーカーさん・外構屋さん
業界人として 目先の事ばかりではなく お客様の後々の事まできっちりと考えてあげてほしいなと
えらそうですが つい思ってしまします。

sotsoDesignでは、
どのご依頼に対しても 等しく自分なりのベストを尽くし プランニングを行っております。
新築もリフォームも 毎回の積み重ねで経験値は増え 結果的に知識や実績が残っていきます。
その知識や経験が そののちにご依頼いただくお客様に活かしていくことができます。
どの手間も発想も失敗も 絶対役に立つのです。

お客様に満足して頂ける 魅力ある外構設計を
そして 永くお使い頂けるエクステリアを目指して。