HOMEsoto Designブログデザインへの考え方建築外構 デザインのメリハリ

建築外構 デザインのメリハリ

VMhouse-terrase

VMhouse

北欧 コペンハーゲンでみてきたVM HOUSEというアパートメントの写真です。

この建築が建っているのはいわゆる新市街になります。
個性的なデザインの建物が並ぶ中でも ひときわ目を引く建築でした。
こちらの前衛建築のトレンドは 建物のバルコニーなのでしょうか?

以前のブログでもご紹介しました 建築中のマンションもやはりバルコニーが特徴的でした。
デザイナー側に目線から言えば デザインで特徴を出そうと思えば建物のバルコニーは非常に扱いやすい部分になると思います。
理由は 建物から突き出ているのでメリハリを出しやすい部分だからです。
ここに様々な個性を吹き込むことで 建物全体を象徴するデザインにできます。

例えば外構デザインを考える時に すべての部位(アプローチ ガレージ 庭 外柵など)に同じ力加減でデザインを注入すると
各パーツが主張しあい とてもうるさいデザインになります。
なので玄関まわり、アプローチまわりに力を注いだデザインをした時には ガレージのデザインは少し控えめにするなど調整をします。
時々 お客様に「ガレージ部分がこれでは少しさみしいね」と言われる時もありますが その際は
「いろいろな物を付けて飾りたいお気持ちはわかりますが見せたい部分を効果的に見せるためには 他を控えることが大事なんです」とご説明するようにしています。

少し話を戻しましょう
建築であれエクステリアであれ 何かのデザインをするときは「メリハリ」はとても大切なポイントです。
物の形や色だけでなく そんなことも考えながら いつもデザインをしています。