HOMEsoto Designブログデザインへの考え方外構工事のダイレクトメール

外構工事のダイレクトメール

今 弊社では ダイレクトメールを送っていませんが
ホームページがまだ充分浸透していなかった頃は新しいお客様へのアナウンスは
このダイレクトメールを使っていました。
IMG_5915
ほんの10年前はみなさんあまりパソコンやインターネットを活用されてなくて
ホームページを見るよりも 郵便物が一般的でした。
改めて考えると ガラケーが少なくなりスマホが普通になり
こんなにホームページを見て頂けるようになったのは 本当に最近の事ですよね。

昔々は 建築流通新聞というのに確認申請を出されたお客様の情報が載せられていました。
その連絡先を元にダイレクトメール(DM)は送られることが普通でした。
でも建築流通新聞はデータが曖昧で 数もたくさん掲載されなかったので
関東のとあるデータ屋さんから 公式な確認申請のデータを購入して DMを発送しました。
確認申請のデータは市役所に行けば誰でも見ることができ
それを集積されたものが販売されていたのです。
データの内容は確認申請日、お名前、現住所、建築地、建築会社などで
電話番号はあったりなかったり。
住所ごとにまとめて 住宅メーカーさんでお家を建てるお客様に うちの外構DMを送りました。

毎月2回ほど 新しいデータが届き そこへ外構DM発送して
先方からお返事頂けるのは だいたい4%くらいでした。
例えば新聞チラシは 新聞を購読するすべての人に届き、新築に関係ないお客様にもばらまいて
0.3%の返信効果があると言われていたので
外構が必要なお客様にしぼって DMする手間をかけても発送した数の4%の方から
お返事頂けるのは驚異的に良い反応でした。

もちろんリアクションして頂けるようにDMのクオリティも高くしました。
安売りビラみたいなのは使いたくないと 完工写真を多用し印刷した冊子に
直接切手を貼り 送付しました。(もちろん郵便局には事前に許可を得ました)
たくさんあったDMの中で これなんだろう?と開いて頂くことが 第一の目標。
見ていただけたら あとはうちの外構デザインがお好きかお嫌いか、の判断ですが
それはお好みなので 仕方のないこと。とにかく興味を持っていただけるように考えて
内容や仕様を 次々バージョンアップしました。最後に作ったのが上のグレーのものです。
IMG_5916
最初はMOディスクで受け取っていたデータがメールに変わり
だんだん世の中がDMじゃなくなったなと感じて ある時ホームページにシフトチェンジし
現在のホームページでの営業となりました。

これから先 外構の世界もますますウェブが充実していくでしょうね。
そろそろこのホームページも作り直してさらなるバージョンアップを考えています。
株式40期目 また新しいチャレンジです。

sotoDesignのデザイン外構施工例は こちらからどうぞ