HOMEsoto Designブログデザインへの考え方ガレージなど床面のデザイン

ガレージなど床面のデザイン

コンクリート土間のデザイン

タイル土間のデザイン

今日は外構・エクステリアデザインをする際必ず出てくるガレージなどの床面のデザインの考え方などについて少しお話をしてみたいと思います。
上記のようにプランを考えるとき床の事も含め外構全体のデザインとして考えないといけないと思っております。普通床のデザインや収めを考える時には常套手段のタイル貼りや洗い出しやそのままのコンクリートコテ押さえ他にも色々仕上げは有ると思いますがこれらは全て床材料のことであり、材料そのものとデザインという行為は全くもって異なることですよね。
ところが普段打合せをしていると「床はタイル貼りでとか洗い出しが良い」とかいう言葉をよく耳にします。
そこでよくよくお話をきっちりヒアリングすると、それらは材料に気がいってしまっていてタイルをどのように使うとか石貼をどう貼っていくかではないこと多いように思います。素敵に見えるデザインやまとまりの良いデザインとは
たとえ全て真っ白の素材で作っても良く見えるものだと考えているsotoDesignとしては むしろ上記2枚の写真の様にその素材を生かしてどのような工夫ができるかだと考えており日頃からディテール及び収めについて考えます。

上記写真はコンクリート土間に入れているスリットやホール(丸)抜きやタイル貼り後の切り抜きで工夫しただけのデザインになりますが このようにほんの少しの考え方をかえるだけでプラン自体の質に大きな差が出てきます。
何度も言いますが、どのような材料を使うかよりもその材料をどのように使用するかの方が大切だと思っています。