HOMEsoto Designブログデザインへの考え方K様邸、こだわりのタイル収め

K様邸、こだわりのタイル収め

タイルの施工も丁寧に

タイルカットの施工例

大阪のK様邸のタイル収めについて少し書き込みをいたします。
こちらの邸も工事最終段階にさしかかり 貼り終わったタイルのカット段階に入っております。
sotoDesignではこのようにタイルを先行して貼り込み 後で切り込んでいくという方法をとっております。
この方法により 円はより真円に近く フリーラインもとてもキレイに仕上がります。
タイルを貼る段階で一枚一枚カットしていくと
例えば円を描くと どうしてもカクカクとした少しいびつな円になってしまいます。
それを防ぐためのタイル貼り終えての一斉カットになる訳です。

二枚目の写真が切り終えた姿になりますが非常にキレイな円を描けていますね。
外構、エクステリアデザインにおいて やはり円形ならば真円になっていないとデザイン通りのイメージにならないです。
sotoDesignでは特に注意しているデザイン部位です。
このようなこだわりが無いと良い作品にならないですし、何よりお客様が不満に思われます。

それと忘れてはならないのが、やはりこだわりを持つ職方さん。この人たちの思いが無いと工事はうまくいかないです。
当社でいつもお願いしている職方さんたちとは長い付き合いになり お互いの気心や正確を分かり合えているので安心してお任せ出来ます。
そんなこんなでK様邸工事も 残るは植栽工事とその他少々のところまでこぎつけ 終盤になってまいりました。