HOMEsoto Designブログ外構で迷った時に狭小住宅の外構・エクステリアプラン

狭小住宅の外構・エクステリアプラン

今日は狭小住宅の外構・エクステリアについて少しsotoDesignの考えを書いてみたいと思います。

とても有り難いお話でsotoDeisgnには大阪府下より沢山のお問わせお頂いております。
当たり前ですが各々の物件により敷地の大小があり、その中でも最近よく耳にする狭小住宅の外構・エクステリアプラン依頼もあります。
その狭小住宅を建築なされるお客様からよくお聞きする言葉が
「敷地が小さいのですが、外構・エクステリアデザインをする事は可能でしょうか?」という質問が圧倒的に多いように思います。

ここからがsotoDesignの持論になりますが、プランを検討する際に何の制約などが無い条件よりも狭小敷地や小予算等
の条件が課せられた方が色々と考えたりします。
その思考が重要で通常の考えでは与条件をクリアーすることが出来ないので、色々と知恵を絞ながら問題解決していくことになります。
どうやらこの検討の部分が他社さんのプランと違いに現れているようです。
例えば予算調整で困った時に他社外構業者さんと同じ様なカタログ商品の門柱等を使用していても何も解決にはなりません。
そこでsotoDesignでは自分達で創造する事にして予算調整等を行ってまいります。
ただ、門柱一つで総予算の調整が出来るわけもありません。
ただ 一部分が決まってくるとそれに合わせて廻りのプランも出て来るものです。
以上のことから厳しい条件での外構・エクステリアプランの検討なお客様は是非一度お問い合わせ頂ければと思います。
きっと何か解決策があると考えております。(全てのご希望に添え無い可能性もあります。)
少なくともありきたりな思考ではこの壁を越えられない事は明白です。

表札ひとつとってもカタログ商品からお選び頂き、メーカーに発注するほうが手間等もかからないのが常識です。
sotoDesignではほぼ全邸と言ってよいほど オリジナル作製の表札をご提案します。
これは思考する手間と製作する時の手間を考えると既製品表札の比では無いほど手間ひまが掛かることになりますが、
sotoDesign自身はどうやら色々な事を検討して、またデザインでこの壁を越えていく事が苦にならない性格の様です。
生業としてこの仕事が好きでたまりませんので苦にならないのでしょう。

又、余条件に合ったプランをきちんと考えられた場合はその物件は物凄く良い物件になり良い評価につながります。
この部分が狭小住宅等プランの醍醐味なのでしょう。
もし余条件が厳しく考えに行き詰まっておられるお客様がおられたら是非一度sotoDesignにお問い合わせ頂ければと思います是非お気軽に。

狭小住宅のデザインアイデア
狭小住宅の夜景