コンクリートクラックのお話

コンクリートクラック
皆さんのお宅にあるガレージなどの土間に細いひび割れなどは起きていませんか?
今日は少しこのコンクリートについてお話をしてみたいと思います。
これらの細いひび割れのことをヘアークラックと言います、
このヘアークラックですが見た目のはほんの小さな(細い)ひび割れなのですが結構目立ちます。
特に新築の新しい土間では特に目立ちやすく築浅ということもあり気になるのだと思われます。
このヘアークラックの問題は大学の研究所などでずっと研究されてきているのですが現在でも完全に防ぐ事ができない
という結果が出ております。少し大げさに言うと日本一の技能をもった職人さんがコンクリートの施工をおこなっても
起きるときには起きてしまうものがヘアークラックというものになります。
ただこのヘアークラックをできるだけ起こらないようにする手立てはいくつか存在します。誘発目地を入れたり
伸縮目地を入れたりまたはスリット目地という方法をとることもあります。少し専門的な話になりますが砂とセメントの比率などを調整したりして少しでもヘアークラックが起きないように心がけますが起きるときには起きるのがヘアークラックというものになります。sotoDesignもこのヘアークラックとは本当に長いあいだ戦って来ました。
お客様にご理解いただけるよう工事前お伝えしておいても実際に現場で発生してしまうとお客様は言いたくなると思います。そこで色々とクラック補修に取り組んで来たのですが 現在一押しなのは特殊配合の成分で水でといてクラックに流し込む製品があるのですがそれが一番効果が高いのではと考えております。もっと現代的に解決したいと考えますが
中々そうはいきません。このコンクリートのヘアークラック問題ですが起きないような予防策しか思いつきません。
ただ、このヘアークラックで構造体に支障をきたすとかいうものでもありませんので その部分はご安心ください。
これから夏の高温期に入りますがこの時期にもクラックは起きやすくなりますので気をつけてコンクリート工事に取り組んでまいりたいと思います。