HOMEsoto Designブログ外柵フェンス、ガレージ、車庫、カーポートsotoDesignが外構プランでよく使っている樹脂木について

sotoDesignが外構プランでよく使っている樹脂木について

海外で1990年代から流通するようになった樹脂木も2000年代に入ると日本でも一般的に使われるようになってきました。
樹脂木は プラスチック樹脂と木材の粉を混ぜて熱処理したもので 従来の天然木の板材に比べて変質しにくいのが特徴です。ウッドデッキにしたものやフェンスにしたものなど 天然木はどうしても日光や雨風で色や風合いがあせてきます。それが味わいだといえばそうですが 腐らないように、真っ白にならないように 塗装やオイルなどでのお手入れメンテナンスが定期的に必要になるので手間や費用がかかってきます。
弊社では天然木もご希望があれば使用しておりますが 樹脂木も人気があります。
プラスチックと言ってもエアコンや車の部品などのリサイクル樹脂を使う樹脂木もありエコに対する意識が高い方にも支持いただいています。
公共の場所やショッピングセンターなどに使われるのは樹脂木であることが多く 皆様にも馴染みがある素材になってきました。
家の外回りは 多くの他人様に見られている場所で常に美しいほうがいいのですが 
かといってしょっちゅう費用や手間がかかってしまうのも施主様としては気になるところでしょう。
先日も書きましたが コロナの影響で在宅が増え自宅のお庭などを見直す方も増えていますので 今後も樹脂木のニーズは高まると思われます。
サンプルなどありますので 見てみたい 違いを詳しく知りたいという方はお問い合わせ下さい。

樹脂木のフェンス施工

f4456170c53c5bdddbcda9139d56ece3

フェンスと植え込み

箕面お庭の外柵フェンス

604dd70712f75bc3ef0962eaba08e5e6

923e50c2054708a7657ac1372058442b

外構コストを下げる工夫

5da01250ff1af1acaa41b7ec030d5729