大阪市の外構途中の監理

外構ガレージ工事

土間コンクリート施工

本日は大阪市で外構工事をしている物件の 現場監理に行ってまいりました。
ご覧のように今回プランさせて頂いた物件の建物は ほぼ真っ黒で正面には窓も無いシンプルな佇まいです。
お客様のご要望も極シンプルなものをご要望されておられ、それにお答えするプランができたのでは無いかと思います。
その物件も工事後半に伴い本日はガレージの土間コンクリートを打設致しました。現在はお近くのコインパーキングに自家用車をお停めいただいているので 本日土間コンクリートの打設がスムーズに完了してホッとしました。
山どりのアオダモと灌木の植え込みも完了して 単粒度砕石(じゃり)の敷設も終わりましたので ずいぶん完成に近づいてきました。残すはsotoDesignお得意のデザイン表札やエクステリア照明の取付けを残すところになります。

最後に少し今回のプランのお話を。
実は外構の平面プランは建築の立面をモチーフに計画致しました。
立面をバタンと倒し平面にしたといえばわかりやすいでしょうか。ただこの考えに至るまでは何度も検討を繰り返し
お客様ともかなりの打合せを繰り返した結果 ようやく出てきたプランになりますので
どこの邸でも使える手法では無いのですが 今回の邸ではうまくいったのではと考えております。
もう少しでこの邸も完成しますが 表札などのオリジナル品を工場で作成してもらうのに少し時間がかかりますので
それらの品物の完成をまち外構の完工に持っていきたいと考えております。