耐降雪 対強風のカーポート

シリーズで書いていた エクステリア施工の見積もり内容に沿った
ブログ記事から 脱線しますが

毎年 この時期に書かせてもらう 耐降雪カーポートについて
今年は 強風に対してのことも 書いていきます。

2016年1月19日のYAHOOウェザーでみた 今日明日の降雪予想量は
北海道で120cm 東北中部などで60~80cm 石川富山など日本海側北部で100cm
関東近畿中四国で30~50cm 九州で10~20cm

現在 国内のエクステリア金物トップメーカー3社
LIXILさん三協アルミさんYKKさんともに 最高で200cmの雪に対応する
豪雪地方用のカーポートがあります。
ただこれは 新雪といってふんわりした軽い雪で計算されていて
もっと湿った重たい締り雪やザラメ雪では重さが全く違うので
(新雪とザラメ雪は 重さの計算式の数値が 新雪0.3ザラメ雪0.7になります)
2メートル積もっても大丈夫!というわけにはいきません。
上記の数値の対比を考えると 重い雪なら42%くらいで新雪100%の重さになり
200cm対応のカーポートも 雪によっては わずか80cmで
重量オーバーとなります。
ということは 豪雪地域ではない都心部で カーポートの一般的な製品を購入した場合
20cm対応になるので。。。8cm!で 重量いっぱいってことです。
けっこう少ないと思いませんか?

さて それに加え ここ数日吹き荒れる強風について ですが

同じくYAHOOウェザーより 強風予想が出ています。
予想瞬間最大風速は 北海道で45m 東北で30m
北陸関東東海近畿中国四国は 35m 九州で30mだそうです。

これに対して 各社のカーポートは
一般的なもので 風速38mから42mの機種が多いようです。
ただ 風については 設置されている場所にもよります。
トンネル状の場所だと 吹き上げる力が働いたりして
瞬間的にものすごい力がかかることもあります。
また 2台用とか片足とか両足とか
タイプにもよって強いもの弱いものが考えられますので これも一概にいえません。
雪より 風のほうが 予測を裏切るような気がして少し怖い気がします。

毎年 書いていますが
天気予報で しょっちゅう耳にする「記録的な」という言葉
予想もしないことが起こることもあります。
近隣にもご迷惑がかかることもありますので ご自宅のカーポートの様子
気をつけて観察されてください。
また 見ている時に物が飛んできたりして怪我をされませんように
あわせてご注意くださいね。