HOMEsoto Designブログ造園や植木造園部の活躍

造園部の活躍

造園部植栽作業
台風や地震の後片付けに走り回っているうちに 秋が来て造園部の繁忙期に入っています。

sotoDesignの母体である竹本造園造園部は先代が築き上げてきたものですが 数年前に会長が亡くなったあと作業に当てれる人数が減ったことによって 大きな現場はお断りをお願いし、昔から繋がってきた古いお客様を中心に剪定など作業を継続しています。
亡くなった先代は 一人分の力ではなくそれ以上の仕事をしていたのだということを 強く感じています。
ここ数年 どうやって年内に大事なお客様みなさんのお庭を美しくしてお正月を迎えていただけばいいのか
工夫やお願いをしまくりながら なんとか越えてきました。
昨年から少しちがう方法で お客様にご理解いただきながら秋から冬を全力でお仕事させていただいています。
さきにも書いたように
今年はイレギュラーな天災の後片付けに10日以上費やしてしまいました。
しかも雨も多いので大変ですが造園の植栽や剪定のお仕事は 
目に見えて様子が変わる作業であることもあってシンプルにお客様に喜んでいただけるのでそれを活力に 
年末まで精一杯がんばらせていただこうと思っています。