HOMEsoto Designブログ外構業界のこと

外構業界のこと

今年も外構職人不足の予感

2020年1月14日|カテゴリー「sotoDesignの日常
表札フラコ
「今年も続きそうです。」と言われましてもブログの読者さんにしてみればさっぱりわからないですよね。
それもそのはずです。外構工事をおこなう職人さんが今年も足りそうに有りません。
ここ数年の傾向なのですがどの職種においても職人さんという職種が全体的に全くもって足りておりません。以前はお客様と打ち合わせをおこない気にいってもらえたプランが勝ち残り(つまりコンペに勝つ。)次に工事段取りという流れが普通でしたが 今は様子が少し変化してきており常に工事ができる職人さんを確保しながらのお客様とのお打ち合わせになります。ここを怠るととんでも無い事態に陥ることにもなりかねないです。
例えばお客様からWEBをみて連絡を頂き初回ヒアリングから平均数回のお打ち合わせを繰り返しておこない
有り難くご契約頂いた工事も以前なら契約が終了する前にでも職方さんと打ち合わせをすればなんとか工事予定に組み込めたのですが 現在ではご契約いただけるか否かは決定していない打ち合わせ極初期から職人さんに確認を取り外構工事予定が空いているか否かを事前に確認した上で外構・エクステリアプランに挑んでいかなければならないという状況です。
ご契約に至るか否かのお客様の分まで水面下で工事の行程準備を工事数に含んで頭にいれると ほぼお問い合わせ物件数の工事の事を考えなくてはならなくなり なるべく少ない職人数を予定しておきたいのに理想と現実が逆転してしまっているのでは無いかと思います。でもこのぐらいしておかないといざ工事ご契約していただいた際にお客様と打ち合わせしていた工期と違うということで ともすればクレームにもなりかねないことになります。考え出すと頭が痛くなります。
今年も始まったばかりですがすでにこの傾向が現れてきており大きな問題になる前に抜本的に解決するように色々と検討しているところです。工事能力のキャパシティーを増やすしか無いわけですが言葉に書けば簡単なのですが実際にはこの
職人さん不足が影響していて中々思うようにはいきませんが sotoDesignとしても工事をおこなわない訳にはいきませんので今年もこの問題に立ち向かいながらの活動となります。と言いましても日本全国ほぼ同じ悩みを抱えて営業している
工事関係者がほとんどだと思いますのでsotoDesignも他社に負けないように努力してまいりたいと考えております。

外構業界次世代の卵

2019年9月27日|カテゴリー「外構業界のこと
スタッフさん

sotoDesignには2年程前からある大学のインターンがお手伝いに来ています。
知り合いの大学准教授より託された学生です。正直なところ2年前はほんの軽い気持ち(悪意ではない)で引き受けたことを思い出します。当時は若者に外構・エクステリアの世界はこのような活動をしていて大変おもしろい世界ですということを理解してもらいたくて引き受けた記憶があります。
当時の期間は一ヶ月弱だったと記憶していますが、期間後半にはsotoDesign自身が業界の魅力を伝えるべく一生懸命になっている自分にも気がついたりしていました。
あれから2年の月日が経過し当時勉強にきていた学生は来年の春からsotoDesignの社員として働く事が決定しております。この次世代の卵は教える事全てに対して貪欲に興味を示し知識を吸収しようとします。教えがいがあるとでもいいましょうかsotoDesignとしても良い勉強になっています。
これまで経験を積み重ねてきた事を口に出して人に教える事などそうそうあることではなかったのですが 自分自身の経験を良い事も悪い事も全て教えていこうと考えております。大げさでは無く師弟関係で取り組んでいきたいと考えております。この次世代の卵を活かすも殺すも私達指導側の気持ち一つで結果大きく変わって来ると思います。折角この業界に興味を持っているのですから大事にしながらも厳しく教えていければと考えております。
これからの次世代の卵の為に。

外構・エクステリア勉強会

2019年9月13日|カテゴリー「sotoDesignの日常
秋篠の森なずな

エクステリア勉強会2019秋

久しぶりに気温の低い すがすがし朝を迎える事ができ少しほっとしました。9月も中頃を迎えるとこのぐらいの気温が普通ではと思います。
そのような中 不定期ではありますが外構・エクステリアデザイナーが集まり勉強会をおこないました。
この集まりは特に縛りもなく 業界関係者が集まるようになり もう何年も続いている会になります。
今回の勉強会としましては 奈良県の秋篠の森なず菜でお庭散策及び見学し 美味しいランチを頂きながらの意見交換等をおこないました。
到着後は自由に植物の配置や外構・エクステリアにもつながる 造作物について見て回りました。冒頭に書きましたが今日はこれまでとは違い外気温がこれまでより低くて とても気持ちよく見て回る事が出来ました。
これまでなら昼間日中に庭の散策等をしたら暑すぎて汗が止まらない状態で非常に不快に感じたと思いますが そのような事も無く本当に快適な一日をすごさせてもらいました。
集まったメンバーと楽しいひとときをすごさせてもらい 短い時間ではありましたが とても充実した時間となった気がしました。sotoDesignが思うにこの勉強会の良いところの一つとして 決まった題名や題材が無いところだと考えており
たまに合うメンバーが日頃の喧騒を忘れて過ごせるとても潤いのある特別な時間だと捉えております。
それぞれが日々の中 真剣に仕事に向かって 悩んだこと感じたことを率直に話せる間柄
個性的なメンバーではありますが ある一種の統一感を感じて心地よいです。
次回はどこで集まり勉強会があるか今から楽しみです。

外構工事概算金額についての見解

2019年8月28日|カテゴリー「外構業界のこと
外構プロダクト

工事概算金額についてsotoDesignの考えを書いてみたいと思います。
本日も新規のお客様が外構・エクステリアのリフォーム工事について相談に来られました。内容をお聞きすると大型物件の内容でした。その際に必ずと言ってお聞きになるのが「この内容を工事するといくらぐらい掛かりますか?」という質問です。この質問を受けていつもsotoDesignは困ります。何十年の間に一体何回ぐらいこの質問を受けたのだろうか
別にお客様に腹を立てているわけでも 困らせてやろう等の手のこんだ事を考えているわけではありません。
経験上見積もりを何百、何千回と作成した経験の有るsotoDesignでも 即答はしにくいことだからです。
例えばカーポート屋根を付け替えるや門扉の新設等の単純工事の場合であればお答えできますが 新築の外構・エクステリア工事の概算見積もり等を 正確にはお答えできません。
何をどのように施工するかもわからない状態で(プランが出来上がっていない)不確定な金額を言葉にすることを控えているわけです。
sotoDesign自身もプライベートで物を購入したりする際に「これいくら?」はしょっちゅう聞いたりしますが それらは定価等が決まっている物に対してしかそのような質問はしません。すなわちカタログなどの定価設定の有る物とsotoDesignが手掛けるプランから作成し見積もりをとっていく外構工事は全く異なるからです。
それに気軽に概算をお伝えして実際お見積りをとったあとで最初の金額と額が異なってしまうと(もちろん異なるはず)お客様としても何か一言言いたくもなる気持ちがわかっているからです。
きっと自分に置き換えれば同じことが言えると思います。
故にプランも出来上がっていない物件の概算をお答えすることを控えているわけです。
反対にプランが出来上がって見積もりをおとりする際は数量の計算時に小数点まで計算に入れた正確なお見積書を作成します。
お客さまにはきちんと上記の内容を説明しご理解いただいて概算金額の回答を控えさせて頂いております。
もしご不快に思われたり 不親切だなと感じられたりされる場合もあるかもしれませんが
そういった 正直で正確なことをお伝えしたいという気持ちからの理由です。
ご理解の程 よろしくお願い致します。

貴重なメーカー商品が姿を消していきます

2019年8月26日|カテゴリー「オリジナルエクステリアプロダクト
ブロックそらら

そらら門柱

sotoDesignでは門柱などはオリジナル品を創るということがスタンダードになっております。
その際すべての部品をオリジナルで創ると 時間とコストが非常に高くつくので一部の部材をカタログに掲載されている既製品でまかなうことが数多くあります。
上記の写真のように門柱の本体としての材料として使用し そこにオリジナルの表札や照明等の部材を取付るという手法をよく使っておりますが 経験上の話になりますがそのような楽しい商材は数年で販売中止になることが非常に多いです。
これまでも他のメーカーで販売されていた商品がことごとく販売中止になってきたという経験を何度も経験してきました。上のブロックも今年の春頃にひっそりと姿を消してしまいました。
その際在庫で残っていたグレーカラーのブロックだけがsotoDesogn事務所の片隅に数個だけ保管されています。
これを使用しいくつかの門柱等を創ることは可能ですが その数個を使用しきってしまうと日本のどこを探しても存在しないことになります。そのような貴重な品物なので使用を強くご希望されるお客様にだけ使用していくこととなりそうです。

そこで何故sotoDesignのお気に入りな商品等がカタログ落ちするのかを考えてみてメーカーの担当営業マンにも同じように聞き取りをしてみたのですが どうやら汎用性の高い商品は使用方法が難しく工夫を凝らして使用しなければならないので使用するデザイナーを選ぶということでした。
わかりやすく言うとその商品をポンと置いただけでは何も面白く映ることはなので デザイナー側の高いデザインスキルが必要だと言うことだそうです。
その論で行くとこれからも汎用性が売りの商品は どんどん淘汰されていくことになりそうですが このような淘汰が進んでいくと世の中の商品やデザインが皆同じような物になってしまうのではと不安になってしまいます。
いずれにせよこの風潮は外構・エクステリア業界にとって良いお話ではなく、汎用性が売りの商材を使用し唯一無二なデザインをおこなっていくぐらいの意気込みが無いと考えます。
以下は各メーカーさんにお願いしたいのですが 商品の出荷数も非常に大切な事だとは思いますが業界のデザインのことを考えるのであれば
もう少し踏ん張って汎用性の高い商品をカタログ上に残して貰えれば幸いです。
このように考えているのはsotoDesignだけでしょうか?、、、、、