HOMEsoto Designブログ外構業界のこと

外構業界のこと

大手住宅メーカーさんからのお問合せ

2018年3月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
住宅メーカー打合せ
本日は雨模様で肌寒い日になりました。
その様な脚元の悪い中、大阪のみならず全国的にも有名な大手ハウスメーカー様からsotoDesignに問い合わせが入り
本日お打ち合せとなりました。

今年に入って何故か企業さんからのお問い合わせが続いており sotoDesignといたしましても有難くもビックリしながら
過ごしております。
これまでお問い合わせというと個人住宅の新築外構・エクステリアについてのお問い合わせが普通でしたので ここ最近の企業さんからのお問い合わせ件数の増え方には本当にビックリしています。
去年のホームページのやり変えが功を奏しているかどうかは私自身にもよくわかりませんが、
とにかく良い傾向だと感じております。

本日来社頂いての話の内容はメーカーさんのデザイン物件に限定して対応いただけないでしょうか?というお問い合わせでした。
基本的にはsotoDesignとしては下請け工事はいたしませんというスタンスで仕事をしてまいりましたが一度話を聞いてほしいという事でしたので 事務所にお越しいただきました。
色々と条件等をお聞きすると デザイン物件のみの依頼で
かつ、sotoDesignとお客様とで打合せさせて頂けるとのこと。
試してみてこちら側の意見もお聞き頂けるようなので)
話をお聞かせさせていただいていると某有名建築事務所も今回の形式で取引をされているようです。
(建築事務所は、内部の担当だそうです。)

今年のsotoDesignのスローガンは「色々な事にトライしてみる」です。
どのように進んで行くのかと考える前にまず行動に移してみようと考えております。
また 面白い事ができそうな時にはブログに書き込みますので
宜しくお願いいたします。


狭小住宅の外構・エクステリアプラン

2018年2月27日|カテゴリー「外構で迷った時に
今日は狭小住宅の外構・エクステリアについて少しsotoDesignの考えを書いてみたいと思います。

とても有り難いお話でsotoDeisgnには大阪府下より沢山のお問わせお頂いております。
当たり前ですが各々の物件により敷地の大小があり、その中でも最近よく耳にする狭小住宅の外構・エクステリアプラン依頼もあります。
その狭小住宅を建築なされるお客様からよくお聞きする言葉が
「敷地が小さいのですが、外構・エクステリアデザインをする事は可能でしょうか?」という質問が圧倒的に多いように思います。

ここからがsotoDesignの持論になりますが、プランを検討する際に何の制約などが無い条件よりも狭小敷地や小予算等
の条件が課せられた方が色々と考えたりします。
その思考が重要で通常の考えでは与条件をクリアーすることが出来ないので、色々と知恵を絞ながら問題解決していくことになります。
どうやらこの検討の部分が他社さんのプランと違いに現れているようです。
例えば予算調整で困った時に他社外構業者さんと同じ様なカタログ商品の門柱等を使用していても何も解決にはなりません。
そこでsotoDesignでは自分達で創造する事にして予算調整等を行ってまいります。
ただ、門柱一つで総予算の調整が出来るわけもありません。
ただ 一部分が決まってくるとそれに合わせて廻りのプランも出て来るものです。
以上のことから厳しい条件での外構・エクステリアプランの検討なお客様は是非一度お問い合わせ頂ければと思います。
きっと何か解決策があると考えております。(全てのご希望に添え無い可能性もあります。)
少なくともありきたりな思考ではこの壁を越えられない事は明白です。

表札ひとつとってもカタログ商品からお選び頂き、メーカーに発注するほうが手間等もかからないのが常識です。
sotoDesignではほぼ全邸と言ってよいほど オリジナル作製の表札をご提案します。
これは思考する手間と製作する時の手間を考えると既製品表札の比では無いほど手間ひまが掛かることになりますが、
sotoDesign自身はどうやら色々な事を検討して、またデザインでこの壁を越えていく事が苦にならない性格の様です。
生業としてこの仕事が好きでたまりませんので苦にならないのでしょう。

又、余条件に合ったプランをきちんと考えられた場合はその物件は物凄く良い物件になり良い評価につながります。
この部分が狭小住宅等プランの醍醐味なのでしょう。
もし余条件が厳しく考えに行き詰まっておられるお客様がおられたら是非一度sotoDesignにお問い合わせ頂ければと思います是非お気軽に。

狭小住宅のデザインアイデア
狭小住宅の夜景

大阪にて 恒例のエクステリア勉強会

2018年2月8日|カテゴリー「sotoDesignの日常
大阪外構エクステリア勉強会
大阪の外構デザイナー
不定期ではありますが 大阪や京都在住のメンバーで 外構やエクステリアデザイン等のについて、かなり深掘りしたディスカッションする勉強会を行っています。
本日も 北ガーデンプロデュースさんの打合せルームをお借りし充実した話がたくさん出来ました。

この勉強会の特徴として、各メンバーが創造(クリエーション)に対して各々の信念を持ちそれをいろんな形で実戦されている方ばかり。
常に人と違う外構・エクステリアの表現を追い求めているメンバー同士の生々しい(良い意味で)ディスカッションが行われる為、sotoDesignとしても毎回良い刺激をもらっています。

とかく同業者が集まると、こと仕事の内容についての話になると上辺の話になりがちです(ある意味正常かな)。
自分の近作やアイデアなど 子供のようにひけらかさないのが大人なのかもしれませんが
当勉強会のメンバーは独自のデザインや思考で仕事をされているので、むしろ「このデザイン見て!」となります。
sotoDesignも同様ですが 自分が考え苦労して完成した物件やクリアできたアイデアを 一人でも多くの方に見て頂いたり、意見を聞きたいのは当たり前な感情ですね。
ここがこの勉強会の最大の魅力で本当に魅力的な勉強会だと感じております。
たまにメンバー同士でこの部分の話になるのですが皆口を揃えて「真意を聞きたければ、まずは自分をさらけだす!」
もちろん信頼しあえているからこそですが これが無意識のうちにできているため この勉強会が続いているのではないかと思います。

この勉強会は数年継続していますが特に名前もついていません。
でも勉強会の案内が入れば みな忙しい時間をぬって参加されているところをみると、各々がこの勉強会に魅力を感じて楽しみにしているのでしょう。

私達デザイナーと言われる者は色々なところで勉強や吸収をし自分の考えに置き換えることにより、ご依頼頂くお客様達のご希望に少しでもお応えできるよう準備をしています。
大阪で外構・エクステリアのご検討をされている方で、他とは一味ちがうご提案をご希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


職人さんに思うこと

2017年12月27日|カテゴリー「外構業界のこと
IMG_6786-e1514342162604

外構の職人さん

植木の職人さんたち

2017年今年も残すところ後数日、
今年も色々なお客様のご依頼を頂き沢山のエクステリア・外構デザイン及び工事をさせて頂きました。

ご依頼の中心はやはり大阪で建築されるお客様がほとんどになります。
少数ではありますが関東方面やその他の地域からのご依頼もあります。(他府県在住で大阪で新築のお客様になります)

今年はsotoDesignホームページも一から刷新した結果 色々な地域の方々からのお問合わせにつながっているのだと思います。本当にありがたい事だと感じております。
ありがたいという事言うならば、sotoDesignに関与してもらっている職人さんについて書きたいと思います。
職人さんの顔ぶれは ほぼ固定したメンバ-で現場作業を行なっております。
当社職人だけでは全ての工程、工種をまかない切れないので左官工、タイル工等など他の工種の職方さんも含め
気心のしれたメンバーで工事を進めるよう心がけています。
大きな理由としましては、sotoDesign自体が創造について特化したプランを心がけている為に
既製品の門柱や外柵をほとんど使用しませんので
現地作製や工場にて作製した物を現場にて取り付けという流れになります。
大手エクステリアメーカーの製品であれば誰がどのように施工しても同じになりますし、取り付け説明書等も充実していますが
各お客様用にオリジナルで作製する物には細かい取説や施工書等はないので、
現場の職方さん達と打ち合わせしていきながら現場作業を進めて行くことがほとんどになります。
その際に長年おつきあい頂いている職方さんでないと
sotoDesignの設計意図や収めを理解いただけず 結果 図面通りの出来にならない事が考えられるからです。

ここでとても大切な事は全てをきちんと理解した職方さんが施工しないと決して設計者が意図としている仕上がりにはならないという事です。
なんとなく似た物には仕上がると思われますが 決して設計者の意図通りの仕上がりには至りません。
これはsotoDesignが30年弱ですが設計に携わってきて身にしみて感じる事です。
ですから心からお互いをわかり合えた職方さん達が非常に大切になってきます。

今年も多数の作品創りに関わって頂いた職方さんに心から感謝、感謝です。

年明けからも新しい現場が控えておりますが、この気心知れた職人さん達と作品創りに取り組んでいきたいと考えております。

外構、エクステリアの勉強会 in 岡山

2017年10月20日|カテゴリー「sotoDesignの日常
IMG_6310-e1508424362200
岡山エクステリア勉強会
岡山集合写真
数年前、北ガーデンプロデュースの北社長より声掛けを頂いたのが最初のきっかけで
外構とエクステリアの勉強会を不定期ですが行う様になりました。
sotoDesignの記憶では約4年程継続しているのではないかと思います。
こういった集いは自然消滅することも多いのですが、ややこしい縛り等が無いので
メンバーも集まりやすいのでしょうね。

今回のエクステリア勉強会は出張勉強会です。
北欧研修旅行をご一緒いただいたメンバーさんからのお誘いで
大阪と岡山のメンバー合同で勉強会を行う運びとなり
本日は岡山へ出張勉強会に行ってまいりました。

合同ですのでメンバーの数も14人と個人規模で集まるエクステリア勉強会としては大人数になりました。
私達大阪組からするとほとんどが初対面になりますので、どの様な話が聞けるのか楽しみにしておりました。

各メンバーが手がけたプロジェクトや現在考えている事等をプロジェクターを使い皆さんの前で発表していきます。
普段同業者に話さない様な事もこの勉強会ではかなり飛び出していたように思います。

当然ながらこの様な場所で発表するのですから、ベストプラン等の話に触れていくことになりますよね。
普段自分では考えないプランや事例を見聞きする事は非常に刺激的で、
色々な事柄を再度考え直すきっかけになるのではと思う様な発表もありました。

デザイン等を仕事としていると わりに閉鎖的になりがちだと思いますが
今回の様に外へ出て自分の作品や思考の発表や他人さんの考え等を聞く事の大切さを実感した日になりました。

次回は岡山のメンバーさんを大阪にお越し頂いての勉強会を約束し 岡山を後にし
先程大阪に無事到着しブログ書き込みをしているところです。

「岡山メンバーの皆さん、今日はお招き頂き本当に有難う御座いました」
次回大阪での勉強会が有ればブログアップしますので宜しくお願いします。