HOMEsoto Designブログ外構業界のこと

外構業界のこと

今年残りわずか、工事納期に思うこと

2018年12月12日|カテゴリー「外構業界のこと
今年も残りわずか、12月に完工納期の物件の作業に追われながらの新規物件への対応となり、只今大忙しな状態です。
この後12月終盤から新規工事の着工も控えておりますが、こちらの物件は元々年越しをお許し頂いている物件なので
工期での大きなストレスもなく こちらの物件は普段通りに仕事に取り組んでいきたいと思います。
来年 年明け早々から数邸の工事着工を予定しており、本日もお客様とのお話の中で職人さん不足のお話をさせて頂き
現状の職人さん事情をご理解頂く時間を設けさせていただきました。

今年の職人さん不足の大きな原因の一つに自然災害による影響は図りせれないほど大きく、この後いつまで続く事かも
誰もわからず、来年はじめから職人さんのとの日程調整に頭を悩ませる事になりそうです。
もちろんこの状況はsotoDesignだけに起こっている事ではなく、業界全体の状態なので
これまでより、より一層職人さん不足問題に取り組んでいかなければお仕事を前に進めることができなくなってしまいます。

以上の事から、現在エクステリア・外構の工事依頼をお考えの方は、まず工事店を決めた後でプランなどの変更をかけていく方が良いかと思われます。ギリギリまで工事店を決めないで最後の段階で工事決定を頂いてもおそらくタイムリーに工事着手は難しいと思われます。
これからのキーワードは「まずは素早い施工業者の選定、その後ゆっくり内容の煮詰め」これが標準的な考え方になる恐れが非常に大きいです。
現在プラン検討中の方は上記の事を真剣にご検討いただき 賢くスムーズに進行下さい。

これから外構工事依頼をされる方へ

2018年12月7日|カテゴリー「お知らせ
濃淡を効かせたデザイン
高齢者のいるお宅の外構
今年も残すところもう少しで終わります。
そこで今年sotoDesignの感じた事等(勿論仕事関係です。)を少し書いてみたいと思います。

お仕事のご依頼数はおかげさまで色々な方々からご依頼頂き、かなり忙しくさせていただいた年になりました。
来年のお仕事もある程度入っており、工事をこなしていく能力としては後少しを残して決まっている状態です。
本当に皆様には感謝しております。
ホームページをご覧頂きsotoDesignの事務所まで足をお運び頂いているのですから なおさらです。

この順調にも思える工事受注に対してどうしても拭えない不安があります。それは職方さんの確保になります。
お客さまからすればプランが気に入り、予算的にも問題なければ発注されるのが普通の動きですが
問題はその後です。とにかく工事をこなす職方さん不足には本当に閉口させられているのが正直なところです。
今年の職方さん不足はこれまでの規模と全く違うように思います。
sotoDesignもこの業界で30年程お仕事をさせていただいておりますし、職方さん不足の問題は普段から他人事ではない問題として捉えておりましたが、今年は例年にましてひどいように感じています。
皆さんもご存知の通り今年は自然災害がかなり多発し、その復旧に現在でも手を取られている状態が続いております。
被災された皆様には ここであらためてお見舞い申し上げます。
しかたのないことですが 復旧工事を優先されている現在、各種保険会社からの依頼や回答がようやくでてきた場所もあり
今後一斉に工事数が増えるはずです。
それに慢性化した職方さん不足が重なりあって、本当にこれまでに経験のしたことが無い職方さん不足を感じております。
sotoDesignでも普段なら、最終までじっくりと業者選定をして下さいというお話をしておりましたが、
最近ではもしプランが気に入って、なおかつご予算的にも調整がつく範囲だと思われたらまずはその業者に決定でかりおさえしてしまいます。
そこからプランの修正や変更をおこなっていくほうが良いようです。
工事ギリギリまで検討で引って直前にお決め頂いても、まずはご希望通りの日程で工事着手ができない状況です。
私達請負者側もお客様に御社で決めますと言ってもらえなければ、各工種の職方さんの予定を押さえる事ができませんが職方さん達も決定事項についてでしか予定に入れれないことが言い分で、確かにそのとおりだとも思えます。
「おそらくそのような工事があるだろう。」では予定枠に入れる事ができないということなのでしょう。
一日日給日当で仕事される職方さんは 決定している工事の取りこぼしを防ぎたいということが本音なのでしょう。

では工事依頼者であるお客様はどうするのが一番良いのかというと、先程も少しお話したように気に入ったプランや業者さんと出会えたらすぐにその旨を伝えて 契約までもいかなくても工事業者決定の旨を伝え
早く工事枠を押さえてもらうということが一番得策だと考えます。
細かい変更はその後でも十分可能だからです。
何かこう書いていてお客様に急がせているみたいであまり良い気持ちにはなれませんが それほど工事受注量と職方さんのバランスが悪すぎるのです。
現在エクステリア・外構工事をお考えの方は上記の事を熟考してなるべく早い行動をおすすめします。
この問題の出口が近くにあるような状態では無いと読んでおりますが、
sotoDesignとしましても早くこのアンバランスな状態が早く解決に向かうことを願っております。

最近ごく一部の外構職人さんに思うこと

2018年11月9日|カテゴリー「sotoDesignの日常
年間かなりの物件を工事させていただいているsotoDesignですが、最近違和感を感じる事があります。
それはお客様からありがたくお仕事を依頼頂いていて、そのお仕事をこなしてくれる職人さん達の仕事に対する意識について。
世の中の背景や続いた自然災害などが関係しているとは思いますが、
現在 数字だけで言えば20数年前より景気は少し良く、その上今年は自然災害に見舞われて強制的に仕事量が増大していて 工事をされる職人さんは引く手あまた、大忙しです。
そうなると中には「この仕事効率が悪いのでしない」とか、「面倒だからやらない」とか、「金額の折り合いが少し合わないのでやらない」などと 色々な理由でお仕事をより好みする職方さんが目立つように感じています。

しかし一体そのお仕事を誰が受注してきているのでしょうか?
少なくとも第一線で作業をされている職人さんではなく 私達のように設計者や営業さんがお客様と打合せを繰り返し、夜寝る時間も惜しんで一生懸命努力をして、やっとお客様から工事業者と選定されて受注となります。
それはそんなにたやすい事ではなく、本当に努力しないと得れるものではありません。
骨を折ってようやく受注してきた物件を職方さんの目先の金勘定や安易な思いで 工事を受ける受けないの判断をしてほしくないものです。

ハウスメーカーの下請け業者さんになるには支度金とか保証金という名目で数百万をまずハウスメーカーに上納して そのかわりに仕事をもらうという形になっているのですが、
私ども外構屋さんレベルでは 職方さん達にそのような支度金や保証金などを徴収することはありません。
この職人さんに任せれば大丈夫だという信頼感情だけでお仕事を提供しているつもりなので
こちらも職方さんが仕事しやすいように また途切れることがないようにと配慮しながら大切にお付き合いしているつもりですが 中々そのあたりは世知辛いというか 請負先と元請けの立場の違いは理解し合えない場合もあるということなのでしょうか?ちょっとさみしいことです。

先程も言いましたが、今はそれでも良いですが来年の消費増税後や2020年東京オリンピックが終了すれば今度は
あっという間に仕事量は激減することになるでしょう。正直 仕事が減った時の関係を考えての物言いをしているとは考えづらいこともしばしばです。

以前から書いているように 私達は職方さんより上でもないし下でもないと思っています。
仕事しやすいように気遣ってあげるのは当然のことだし 逆に少しくらい条件がきつい状態の物件があっても
この先も続く受注関係を考えたら少し融通つけて考えてくれてもいいのにと言いたくなります。
もちろん きつい物件ばかりでは我慢は持たないと思います。でも 利益が少ないとか作業の難しさなど
条件が悪い物件ばかり発注する意地悪なことは 絶対にしていません。
要は発注側と受注側がお互いに尊敬しあって仕事をしていきたいと考えております。受発注側のどちらが偉いとかでは無く気持ちよく仕事をこなし お客様に喜んでいただくということが本来の姿だと心から思っています。
最近崩れかけているこのバランスが崩れない事を願いながら 毎日のお仕事に取り組んでいる次第です。

少し愚痴っぽい書き込みになりましたが実際に地震からあとの状態は色々な意味で再考してみる良い機会だと考えております。あたりまえですがプランする人がいてそれを施工する職方がいてはじめて実現し得ることですので
ここは大人の考えで対応していきたいと考えております。


外構業界で今後真剣に考えないといけないこと

2018年11月3日|カテゴリー「外構業界のこと
ここ何年かは東北復興や東京オリンピックにより職人さんの確保が非常に難しくなって来ているのは感じておりましたが、ここにきて今年の大坂北部地震や台風の復旧のために 職人さん不足問題がさらに深刻化していると感じております。

実際皆さんが考えておられるより内情は深刻で、sotoDesignが一生懸命頑張って相見積もりの中からお選び頂き
工事の段取りをとろうとしても これまでのように容易に職人さんをつかまえることが難しくなっています。
この11月も なん物件か工事着手予定をしているのですが 2ヶ月程前の折衝途中からこのような物件があるので、と職人さんに予定をあけてもらっておいて調度良いぐらいで、
新規で来月着手希望の依頼が入った場合には 工事ができそうになくて申し訳ないけれど丁寧にお断りするか、現実の状態を正直にお話して可能であればお待ちいただくという選択になってしまいます。
いくら良い打合せができ良い外構プランが出来てもそれが施工できないという
sotoDesignとしてもなんとも言えない思いをしているところです。
もうこのレベルは自分一人で解決できるものではなく行政や皆さん達とで考えていかないとこの業界の行く末が危ぶまれます。

この問題をよく考えてみると、バブル経済以降あまりにも冷え込んだ時代が長く続いたために、
親方たちが後継者に「この仕事を継がずに、別の仕事に就け」ということを促す時代です。
私自身にも息子が3人いますが その気持ちはなんとなく分かる気がします。
結果職人さんの高齢化に続きその後の後継者はほとんど見当たらないという状態がつづいてきて
そこへもって今年の異常気温
最高気温が40度の状態で外部作業になれている熟練工でも危険を感じる状態の作業環境です。
そのような状態でどこの若い人達が職人を志願するでしょうか?
といろいろな問題が山積する職人さん業界においてほんの一部の表部分ですが、ここまで書いてきた事で
ブログを読んで頂いている皆様にも少しご理解いただけましたでしょうか?
現在新築やリフォーム工事をご検討中の皆様はこれまで通り相見積もりすることは何の問題もありませんが、
なるべく早い段階で外構業者を決定しておき、変更をかけていくという形態をおとりいただく事をおすすめします。
請け負う側も ご契約いただいて施工業者に選定してもらった時点でないと実施する職方さんの予定をおさえることができないからです。
現在の状況ではギリギリまで相見積もり業者さんを選定できず、建物のお引渡し直前に決定下から工事をお願いしますと
決定頂いても、まずタイムリーに工事着手は難しくなりひどい特はかなりお待ちいただくケースもしばしばあると思われます。このようなことを少しでも回避いただくためにもなるべく早く施工業者さんの選定下さい。
そうすることで少なくとも着手時期(工期)について気を使うことが激減すると思いますので、心当たりのあるお客様は
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

大手住宅メーカーさんからのお問合せ

2018年3月16日|カテゴリー「sotoDesignの日常
住宅メーカー打合せ
本日は雨模様で肌寒い日になりました。
その様な脚元の悪い中、大阪のみならず全国的にも有名な大手ハウスメーカー様からsotoDesignに問い合わせが入り
本日お打ち合せとなりました。

今年に入って何故か企業さんからのお問い合わせが続いており sotoDesignといたしましても有難くもビックリしながら
過ごしております。
これまでお問い合わせというと個人住宅の新築外構・エクステリアについてのお問い合わせが普通でしたので ここ最近の企業さんからのお問い合わせ件数の増え方には本当にビックリしています。
去年のホームページのやり変えが功を奏しているかどうかは私自身にもよくわかりませんが、
とにかく良い傾向だと感じております。

本日来社頂いての話の内容はメーカーさんのデザイン物件に限定して対応いただけないでしょうか?というお問い合わせでした。
基本的にはsotoDesignとしては下請け工事はいたしませんというスタンスで仕事をしてまいりましたが一度話を聞いてほしいという事でしたので 事務所にお越しいただきました。
色々と条件等をお聞きすると デザイン物件のみの依頼で
かつ、sotoDesignとお客様とで打合せさせて頂けるとのこと。
試してみてこちら側の意見もお聞き頂けるようなので)
話をお聞かせさせていただいていると某有名建築事務所も今回の形式で取引をされているようです。
(建築事務所は、内部の担当だそうです。)

今年のsotoDesignのスローガンは「色々な事にトライしてみる」です。
どのように進んで行くのかと考える前にまず行動に移してみようと考えております。
また 面白い事ができそうな時にはブログに書き込みますので
宜しくお願いいたします。