HOMEsoto Designブログ外構業界のこと外構業界次世代の卵

外構業界次世代の卵

スタッフさん

sotoDesignには2年程前からある大学のインターンがお手伝いに来ています。
知り合いの大学准教授より託された学生です。正直なところ2年前はほんの軽い気持ち(悪意ではない)で引き受けたことを思い出します。当時は若者に外構・エクステリアの世界はこのような活動をしていて大変おもしろい世界ですということを理解してもらいたくて引き受けた記憶があります。
当時の期間は一ヶ月弱だったと記憶していますが、期間後半にはsotoDesign自身が業界の魅力を伝えるべく一生懸命になっている自分にも気がついたりしていました。
あれから2年の月日が経過し当時勉強にきていた学生は来年の春からsotoDesignの社員として働く事が決定しております。この次世代の卵は教える事全てに対して貪欲に興味を示し知識を吸収しようとします。教えがいがあるとでもいいましょうかsotoDesignとしても良い勉強になっています。
これまで経験を積み重ねてきた事を口に出して人に教える事などそうそうあることではなかったのですが 自分自身の経験を良い事も悪い事も全て教えていこうと考えております。大げさでは無く師弟関係で取り組んでいきたいと考えております。この次世代の卵を活かすも殺すも私達指導側の気持ち一つで結果大きく変わって来ると思います。折角この業界に興味を持っているのですから大事にしながらも厳しく教えていければと考えております。
これからの次世代の卵の為に。