HOMEsoto Designブログ外構の材料や素材についてエクステリア既製品の使用

エクステリア既製品の使用

エクステリアの商材
いや~本当に久しぶりです。
sotoDesignではほぼ全邸で表札をオリジナルで作製させていただいております。今回こちらの物件では本当に久しぶりに
カタログからお選びになった表札を取り付けることになりました。
sotoDesignもこの業界に入った新人の頃はカタログから選んでいただく表札をよく使用したものですが 10年いや15年以上も自分たちで提案するオリジナル表札を使用していると今回のように表札メーカーとやり取りをしている自分になんとなくですが違和感を覚えます。
別にオリジナル作製品が良くて
カタログ製品が悪いわけではありませんが 久しぶりにメーカー製品を使用して大変印象に残ったことになります。
カタログ製品を使用してみて正直なところ発注側(sotoDesign)としましては大変楽な思いをさせていただきました。
いつものオリジナル作製品の場合は表札レイアウトから作製せねばなりません。文字の大きさやフォント及び文字カラー等全ての項目をお客様と一つ一つ決めていかなければなりません。それは手間暇のかかる結構大変な作業になります。それを今回はカタログからフォントと名前を伝えるだけで後は納期が来れば表札が送られてきます。
なんという楽ちんさ! と言いたいところですが創ってなんぼのsotoDesignとしましては少し物足りなさを感じました。決してカタログ商品にケチをつけているわけではありません。これらの選択もお客様にしていただけるようにオリジナル品がお選びいただける環境をつくっておくということが非常に大切では無いかと考えております。
この表札も取り付け完了した際は久しぶりなことなのでsotoDesignが感じた事をブログにかいてみたいと思います。