HOMEsoto Designブログ外構の材料や素材についてオーバードアの施工の様子

オーバードアの施工の様子

オーバードアの柱

オーバードアの施工

オーバードアの部品

オーバードアの詳細

今回はオーバードアの設置について書きます。
跳ね上げ門扉とも言い、クローズド外構にする際ガレージに設置することが多いですね。
手動と電動があります。電動はリモコンでも操作できるのでとても便利です。

それでは以下、設置の流れです。

まずは両側の柱を立てます。
幅、高さ、前後左右、カーポートがある場合はカーポートとのクリアランスを確認しながら位置をしっかりと決めます

柱さえ設置してしまえばあとはシステマチックで簡単な組立です。
柱一体型の部品に、アームを取り付けます。
アルミの中空の角材を差し込んでボルト固定するだけです。穴も開いていますので作業はスピーディに進みます。

もちろん必要なボルト類は付属で、このような台紙に固定されておりどこにどのボルトを使用するか説明書に書いてあります。しかもご丁寧に緩み止め剤まで塗布されています。

このように締めるだけです。柱の中にモーターが入っていて、ここが回転することでアームが上下します。
アームの根本の固定が終わったらカバーを取り付けます。

オーバードアの施工中

オーバードアの施工2
オーバードアの施工3
左右ともに同じ事を行います。ここまでの完成形がこの状態です。

これまでは左右のアームが独立していましたので、それぞれを連結します。一本の長いバーで左右のアームを固定します。
これも上下のボルトで固定するだけです。
もし左右の柱が正しい位置にない場合はこの部材は取り付けられません。この瞬間は非常にどきどきします。

次は面材を固定します。これも裏側からボルトで固定します。左右の水平、前後の垂直を確認しながらの微調整が必要です。

オーバードアの施工4
オーバードアの完成
予め地中を這わせておいた電源とモーターを接続すれば完成です。
リモコンでの操作をする場合はチャンネルの設定も必要です。

完成です。
面材は最後に取り付けることが多いのでもしうまく付かなかったらと思うと冷や汗が出ますが、このようにうまく装着されると一気に完成の様子が引き締まります。