HOMEsoto Designブログ外構の材料や素材について砕石(グリ石)の施工

砕石(グリ石)の施工

砕石の交換
以前 完工させていただいた 大阪市内の物件
プレゼンでお約束したサイズの砕石が 施工期間に手に入らず
しかたがないので 
小さいサイズの砕石で 施工をいったん終えさせていただいていました。
最近になり 大きい砕石が入荷したと聞いて
遅くなりましたが 交換させていただきました。
砕石を洗う
ちなみに 砕石 という言い方もあれば「グリ石」という言い方もあり
線路の石なども これを使ってますね。色はいろいろあります。
砕石地によって異なるので ロッドがちがうと同じものはなかなか出ません。

搬入した時は真っ白に見えますが 水洗いすると青みのいい色がでました。
ぐり石または砕石
砕石は サイズがさまざまあり 用途や嗜好で使うものが違います。
ガレージ等で使用する場合
小さい砕石だと タイヤで踏んだタイミングで 跳ねてしまうときがあったり
子供さんが遊んで ばらまいてしまうことがあったりしますが
なにぶん 足で踏んで歩いてもソフトな 感触

逆に おおきな砕石だと いったん置いたら 無くなってしまうということは
なかなかありませんし 多少のことで 跳ねることはまずありません。
しかし 踏むとごろごろだし つまづくこともあるかもしれません。

どちらも一長一短ありますが 
ガレージの目地に植物(タマリュウや芝)を植えても
つねに車が駐車している場合は 
枯れたり発育不全になったりする可能性が高いので
砕石を 置かせて頂くことが 多くなります。
その際 サイズ別の良し悪しはご説明した上で 
お客様に決定していただきます。
砕石・ぐり石
石のサイズなんて ほんの少しのことですが 
土間の広い面積を占めると 外構全体の印象も変わってきます。

作業が終わると日が暮れてしまいましたが
あらためて完工となりました。