HOMEsoto Designブログお打合せや進行オリジナル表札が出来上がるまで

オリジナル表札が出来上がるまで

高橋 邸(表札パース)
磯和 邸(表札)
今日はsotoDesignが普段から取り組んでいるオリジナル表札について少しお話します。
お客様から外構・エクステリアのご依頼があれば、ほぼ全邸について門柱や表札をsotoDesignのオリジナル制作品で
ご提案する事が標準になっております。(本当に時々ですが、お客様が指定する既成品表札がある場合は除く)

実はこのオリジナル制作品がsotoDesignの真髄の部分でもあり、お客様にご支持頂いている所以だと感じております。
ここにいくつかのオリジナル表札のレイアウトをお見せします。
この最終決定の図面等だけ見るとそうでもありませんが この最終制作依頼図面にたどり着くまでには 色々とハードルを超えていかなくてはならず、時にはお客様との意見が煮詰まり打合せが停滞することもしばしばあります。sotoDesignとしては普段のお仕事の一部ですが お客様にしてみればもしかすると一生に一回の作業になるので検討にも力が入り、思考がまとまらなくなるということもうなずける事なので、可能なかぎりお付き合いするように心がけております。(勿論変更回数等の限度はあります。)
おかげで、これまでに手掛けて来たオリジナル表札は他所で見る事の無い唯一無二のものばかり。
先程も説明しましたが、この活動こそがsotoDeisgnの真髄だと信じてやみません。

表札されど表札ですが、外構・エクステリアの構成部品としてはサイズ的に大きなものではありませんが、この部分まで凝ったものを創っていくという心構えが無いと真の良い物件にならないという信念で各御客様のプランに取り組んでおります。