HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常ブロック会社で見つけた桜

ブロック会社で見つけた桜

ブロック会社の桜

ブロック会社ひきとり

今年に入ってテレビやラジオ、インターネット等のメディア等で新型コロナウイルスの件を扱っていない時間帯は無いですよね。毎日毎日この件ばかり目や耳にしているといかげんに気が滅入って来ます。そのような週明けの月曜日ですが普段あまり足を運ぶことの無いブロック工場に足らずの材料を少量引き取りにいくことになり工場までいってまいりました。ブロック工場というとあたりまえですが至るところにセメントでできた製品が所狭しと置いてある場所でゴミゴミしたしたイメージがほとんどであまり良いイメージがありません。そのような中ですが注文の品を持ってきてもらうまでの時間にひとり待っている場所に花盛りを少し過ぎた桜の木が有ること気づきました。今回のコロナウイルスの件で桜の開花など人に気持ちに訴えかける出来事に気持ちが全く向いていない自分にふと気づくことになり、思わず工場敷地内の桜の写真を撮るという珍しい行動に少しびっくりました。それほど今回のコロナ騒動は徐々に心の中にも入り込んできているのだと実感しました。
お陰様でsotoDesignへのお問い合わせ数は現時点では気になるほど減少している実感はなのですが この先ずっとこの状態を維持できるかどうかなどはsotoDesignも含め 誰にもわからないことでおまけにいつまで続く騒動かもわからないのでより一層心配を助長するのですが いくら考えても出口の見えない問題です。
今は自分にできることをできるだけ頑張るしかないのではという気持ちでお仕事に取り組むよう心がけております。
出口の見えないトンネルに不安を感じますができるだけ早い騒動の収束を心から願うsotoDesignでした。