HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常プロカメラマンの重要性

プロカメラマンの重要性

近藤氏
暑いですね
sotoDesignにはお盆休みも特になく
(研修で10日もおやすみをいただきましたので) 
ずっと設計と製図の日々でした。
世間様はおやすみだろうと 折衝もなく篭っての作業ばかりでしたが

一昨日くらいから 来客や折衝もはじまりました。

奈良から いつも撮影でお世話になっている近藤泰岳寫眞事務所の近藤氏が 先日撮影した寫眞を納品に来てくれました。

写真納品
今回の撮影目的は3つありまして
まずはホームページ用(作品集)の寫眞として
二つ目は 三協アルミデザインコンテストの出品用として
3つめは お客様と打合せ時に説明用写真としてです。
それぞれ3つの目的は sotoDesignには非常に重要な目的で
どれひとつ欠かすことのできないものです。

ここ20年でインターネットの普及とともにホームページの重要性があがり 
写真の価値が高まりました。
その分カメラマン撮影の画像も目にする機会は増えましたが 
外構の設計事務所で プロの依頼している事務所は まだ少ないと感じています。
近藤氏打合せ
写真の重要性に気付いている外構・エクステリア会社はプロのカメラマンを起用しています。非常に良い傾向ですね。
作り終えたものにも愛着と責任を感じながらの取り組みなのかどうかで 
作品の出来栄えは自ずと変わってくると思います。

みなさんも写真館で撮影してもらうときには
着飾ったり特別な想いをもつと思うのですが
それと同じように 仏家の撮影を依頼するのは
大切に製作した物件の中でも 一層その傾向が強かった作品で
今後ご依頼いただくお客様にとっても
参考になる箇所が多く存在するような作品です。
プロの撮影してもらうことで 美しく
作品さらに力を与えてもらえます。

また撮影した写真が私達デザイナーにも力とやる気をくれます。
「見られる意識」を忘れず 仕事に取り組む大切さを再認識させてくれるのです。

納品された写真は またの機会のご紹介しますね。