HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常コロナ渦だからこそのエクステリア商品企画

コロナ渦だからこそのエクステリア商品企画

sotoDesignエントランス

日中は少し暑く感じる事もありますが 朝夕は肌寒く感じるようになったのでsotoDesign事務所前の植物も少しずつ冬支度を始めております。
今日はいつものブログでお話しているようなデザインや工事についてのお話ではなく コロナ渦だからこそ考えを少し自分なりにまとめてみます。

今年の年明け頃から新型コロナウイルスの影響で世界中に影響が出始めて 早くも10ヶ月程が経過しました。
人々が経験したことの無い出来事にさらされながら見えない敵と戦っています。そこで外構・エクステリアの設計事務所として営業しているsotoDesignには いったい何ができるだろうと一人で考える事があります。
時にはスタッフと共に話をすることもありますが 中々確信をつく答えが出てくるわけもないのですが毎回この話にはなるというコトガラがあります。
それはコロナ渦で疲弊傾向にある中でも 自分達の自宅のために渾身の力を振り絞って検討されているお客様達に 少しでも力になれればという意味でオリジナル商品に取り組んでいいます。
具体的には低価格でありながらデザイン性にとんだ商品開発をめざすこと。
現在の世間の状態は 平時の考え方では全く通用しなくなりつつあります。コロナ渦により日常に疲弊したお客様に少しでも喜んでいただけるsotoDesignの商品でなければなりません。春から多数のデザイン案をだし スタディー模型やCADによる検討を重ねてきました。ボツになった案も沢山ありますが 今回試作として工場発注している品には期待を持っております。試作後には第三者の意見を聞く意見交換会(仮称)も行うつもりです。その意見をお聞きし更に商品をブラッシュアップしていきたいと考えております。未経験のコロナ渦にふさわしい考え方により、外構・エクステリア業界に身を置くものとしてこれまでの目にしたことがなく なおかつ安価である(これ大事)物のご提供を目指しますので今しばらくお待ち下さい。