HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構・ガーデンプランのはじまり

外構・ガーデンプランのはじまり

建物入力中
本日事務所ではプランニングに向けての作業が行われておりました。

プランニングをスタートするにあたり
まずお預かりした建築資料から敷地境界の距離や形状を確認してCADに入力をしていきます。
これでプランを行える範囲が分かるようになります。

その後建築資料の内容に沿って建物の入力や敷地に隣接している構造物の入力を行います。
建物の外壁などのカラーが分かる場合はCADで表現可能な限り
似たもので3Dパースへ反映しております。

このような作業が終了すると、
sotoDesignの発想力とデザイン力を駆使してプランニングが進められて行きます。

今日はガーデンプランに向けて作業をしていましたが、
ガーデンプランであっても外構プランであっても、
このような作業がありプランニングがスタートしていきます。

お庭がメインのこちらのプランも今は建物しかなく敷地内容はまだ空白ですが
これから沢山の線がその空白の中に描かれ検討が繰り返されひとつのプランになって行きます。

前回お客さまとお打合せした際には
sotoDesignのデザイン力でどんなプランになるのか
楽しみだと期待をしていただいているので
sotoDesignは喜んでいただけるようなデザインを目指しプランニングに取り組んで参ります。