HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構プランの検討を重ねて

外構プランの検討を重ねて

新たな外構プランEX入力
先日の外構プラン入力に引き続きsotoDesign事務所では同プランのデザイン検討を行っておりました。

CADに入力して3Dになったことで全体的な様子を見渡すことができるようになり新たに手を加えるべきことや変更したいポイントなどが見えてきました。このようにプラン全体から見えてきたポイントについて話し合いCADで実際に様々なシュミレーションをして検討を重ねておりました。今回のプランの中で、例えば玄関アプローチの部分で階段の形状について数パターンシュミレーションをしてみてデザインの決定を行っていました。その他の部分においても細かな変更をシュミレーションしてみて更にプランをブラッシュアップしプラン全体のデザイン決定まで到達しました。
sotoDesignではこのようにプラン全体を見渡しながらひとつひとつ細かなところまで話し合いをしてデザインを決定しております。そのため考える時間が必要になりご依頼を頂いてからお待ちいただく時間も少し必要となってきてしまいます。しかし、当たり前の事かもしれませんがsotoDesignとしては手塩にかけて考えたプランをご提案したいという思いがあり、今までに見たことがなかった発想と工夫があるデザインをきっとご覧いただけると思います。

今日は私たちの行っている外構プランの検討について書いてみました。どうやって外構プランができているのかについてご参考になればと思います。