HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構プランニング開始に向けて

外構プランニング開始に向けて

現地調査の様子

本日は新たな外構プランニングに向けて現地調査を行いました。

お客さまのご要望等をお聞き取りするヒアリングを終えた後
外構プランを作成する工程の
初めに現地調査を行うのがsotoDesignでの基本的な流れです。

新築の外構であってもリフォームの外構であっても現地調査は必須です。
現地調査は名前の通りですが外構工事を行う現地へsotoDesignがお伺いして
ご要望頂いている外構工事が可能であるか確認したり、設計上関係がある部分の測定をしたり
写真の撮影を行います。合わせて土地の形状や環境などから外構プランのデザインイメージを膨らませたりもします。

現地調査を終えると新築される建物や既存の建物などの入力し、
いよいよ外構プランニングがスタートします。
sotoDesignが土地の形状を読みお聞きしたお好きなテイストなどから
外構デザインのイメージを膨らませて行きプランにとってのコンセプト的な部分が決まってきます。
そしてもちろんですが、その他お客さまからヒアリングでお聞きした事や
現地調査で得た事など全ての情報を落とし込みプランは完成に向けて更にブラッシュアップされます。

デザインや必要な設備等の機能面をついては細かい検討がsotoDesign事務所内では何度も繰り返し行われ
私たちが是非見ていただきたい外構プランになりましたよと自信を持ってご覧いただける段階に達すると
いよいよファーストプレゼンが行われお客さまにプランをご覧いただける段階となります。

プラン完成までしばらくお時間を頂戴しておりますが
お待ちいただくからには喜んでいただけるようにどのプランにも熱く向き合っております。
これからスタートする新たなプランも
どのようになっていくのかまたどこかでお話できればと思います。