HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構・エクステリアについて考えさせられる日になりました

外構・エクステリアについて考えさせられる日になりました

母校で外構・エクステリアについて講義を行う様子
外構・エクステリアについて考えさせられる日になりました

昨日sotoDesignスタッフは母校で講義を行いました。

私がお世話になった教授に呼ばれて昨年に続けて大学へ出向き2.3回生の学生さん達に向けて
sotoDesignと出会った頃から現在スタッフとしてどんな活動をしているのかお話したり
外構・エクステリアというものはどういうものなのかどんな事をするのか説明したりしました。

講義に参加していた学生さんはデザインを学んでいる方ばかりなので将来デザインに携わりたいという方が沢山参加していたと思います。
私は学生の頃のsotoDesignとの出会いがきっかけで外構・エクステリアという言葉を初めてきいて
外構の設計とデザインをするお仕事があることを知りました。

昨日の講義でもともと知っている方もいらしたかもしれませんがほぼ全員に近い方が外構・エクステリアという言葉を初めて知ったと思います。
これからどんな会社にインターンシップに行こうかな、将来こんな仕事がしたいなというイメージを膨らませ一人一人が道を選択していく段階なのでひとつでも学生さんの選択肢が増えればいいなという気持ちで講義に望みました。

講義当日を迎えるまでは外構のデザイン・設計の楽しさや魅力について伝えるにはどうしたらいいのかなと考えていて
私自身がこの職業と業界について深く考えさせられる時間になりました。
建築やインテリアという家に関係したデザインの中でもっともマイナーとも感じるエクステリアの世界がより活性化していくと嬉しいなという私の思いも込めてお話したので少しでも学生さんにその気持ちが伝わっていれば嬉しいなと思います。

外構について学生さんに話している様子