HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構のデザインとつながる表札

外構のデザインとつながる表札

515E3B11-9AA8-420C-8B62-F10A9669AC5D
K邸門柱・表札位置
新入社員の大西です。現在大阪府高槻市で外構工事を行っており昨日もブログに現場の様子をアップしているのですが、本日はこちらの外構の表札ができあがってきました。
sotoDesignではお客様のご要望やお好みのデザインをお聞きしsotoDesignなりの外構プランをご提案させていただいており、外構プランそれぞれに合うオリジナル表札も考えさせていただいております。表札を考える際に使用する材料は様々なのですが、今回はタイルを使用しております。お客様のお名前を彫り込んだタイル表札になっているのですが、玄関へ向かうアプローチ階段がタイル貼りになっておりその階段の一段目の1部のタイルが立ち上がってくることで門柱になっています。そして、この門柱の内の1枚のタイルの部分が表札となっているのです。文字のみではお伝えするのが少し難しいので合わせて画像もご覧いただければと思います。少しまとめますと、階段と門柱と表札が一体となっております。それだけではなくこの一体の部分周辺もタイル貼りの階段と玄関アプローチが続いているので全体的にもつながっているというデザインになっています。sotoDesignが表札を考える際には、このように外構全体的のつながりとデザインを意識しております。是非このプランの完成写真を見ていただける機会がありましたら今回のことを意識して見ていただけたらと思います。今日は外構の全体とつながっている表札デザインについて書いてみました、是非ご参考になればと思います。