HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構デザインへの一歩

外構デザインへの一歩

現調メモ
 先日社員となり初の現地調査へ 社長に同行させてもらいました。
インターン生の頃にも同行させて頂いた事はありましたが、その頃は竹本社長の後をついて行き、お手伝いをさせて頂いたり、見ているだけという事が多かったように思います。
社員となった今回の現調では、竹本社長からチェックするべきポイントや、計測しておくべきポイントなど基本的な事で
あり、これから外構の設計やデザインをする上での基礎となる大切な部分を教えて頂きました。
外構のまだ無い まっさらな土地の形状や特徴をカメラで撮影して記録し、周辺の環境を観察するなどし、お客様の新居と外構の繋がりを考える時に必要な事をチェックしました。
 この様な基本をしっかりと押さえて置くことで、完成した時にお客さまとその土地にとってベストなデザインとなる。そして、美しくこの世にたった一つの外構が出来上がって行くのだと、工程を頭の中でシュミレーションをし、気持ちが高鳴りました。

今までは、深く勉強をしていなかった所を教えて頂けた事や新たな事を知ったことで、もっと深く外構についてさらに
色々な事を知り、身につけて行きたいと意欲が高まりました。私もいずれかはお客様に喜んで頂ける外構や外構に関わる
ものをデザインしたいです。