HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構との出会い

外構との出会い

sotoDesignスタッフ近影

皆様はじめまして。4月1日よりsotoDesignに入社致しました大西です。

私とsotoDesignとの出会いは、二年程前の話になります。
当時は大学二回生で、芸術学部でインテリアやプロダクトのデザインを学んでおりました
専攻していたコースの教授が竹本社長と昔から親交があった事や、私がグリーンを重視した
インテリアや建築の作品を制作してた事から、インターン先としてsotoDesignを紹介して頂き、
インターンがきっかけで、竹本社長とsotoDesignと外構に出会うことができました。

ここへ訪れる前の私は、デザインを勉強していたにもかかわらず、外構って何?エクステリアとは?と、外構をデザインする職業や分野がある事を全く知りませんでした。
私の頭の中には、デザイン=建築やインテリア、ファッションという固定概念がありました。しかし、玄関先やお庭などの室外に存在するスペースをデザインする事やグリーンを使ってデザインする事は私にとって新しい世界であり、子どもの様にわくわくしました。sotoDesignを訪れ、竹本社長に出会い、私のデザインに対する考え方は広がり、外構の世界をより深く追求して行きたいと思いました。

数日前まで学生だった未熟な者ですが、勉強や経験を積んで新たな世界へもっと深く足を踏み入れ、
sotoDesignに貢献できるよう努力し、sotoDesignにとって欠かせない新たな要素になるため様々な物事を吸収していきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。