HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構完成に向けての最終工程

外構完成に向けての最終工程

高槻市K邸外構の仕上げ作業
高槻市K邸外構の仕上げ作業 夜景
昨日は高槻にて外構工事の仕上げ作業を行っておりました。工事が進んで行くのをこの日まで見守っておりましたが、朝現場に到着し改めて遠くから眺めていると外構の美しさに感動しこれからルーバーフェンスができあがりメインツリーやその他の植栽が入るとどんな姿に完成するのかより期待が高まりした。
まずメインとサブになるタイル門柱横とタイルデッキのお庭に植える樹木の配置と植え込みからはじまり、そこから花壇やメインツリーの周辺の草木の配置と植え込みを行い全て植え込みが完了後に芝生と化粧砂利で仕上げてゆくという流れで植栽工事の方は進み、その流れと並行してルーバーフェンスの樹脂木を貼る仕上げの作業を職人が進めておりました。このような工程で最終の仕上げが進み完成を迎える瞬間に立ち会えたことで感じたことは、植栽と外構それぞれの職人さんの力が合ってこそ私たちsotoDesignらしい外構をつくりあげることができるわけですし、日が落ちて真っ暗になるまで全員で協力し進めることでお客様に満足頂ける美しい外構に完成したのではないかなと思っております。最後にお客様と全員で外構全体見渡していたのですがお客様がとても嬉しそうにしておられたので私たちも幸せな気持ちになりました

門柱とメインツリーのオーリブの周辺の景色やお家に向かって歩いていく時に見える景色など
お見せしたい所がたくさんありますので、また後日になりますがしっかりと写真撮影を行いますので、こちらの外構の魅力をたくさんお伝えできればと思います。