HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構プランの入力

外構プランの入力

外構CAD入力

寒い日が続いています。

現場作業のかたわら 外構計画を考えてCADで図面を入力しています。

さきに 初回打合せでお預かりした図面を素に 
敷地と建物をRIKCADに入力します。

ちなみに 建物の平面図もお預かりしますが 
これは 出入り口や窓の確認のためで
間取りを見られるのが気になる方は 
窓や玄関ドア勝手口ドア以外の間取りを隠してくださっても結構です。

イメージが湧きやすいように 
建物は図面に基づいて窓などきちんと入力したほうがいいのかなと思っていますが
お客様によっては 不要だという方もいらっしゃるかもしれませんね。
これまではそういうご要望は無かったので お図面通りに窓など入力しています。


敷地と建物が入ったものを印刷して 手書きでプランを構想します。
それにできるだけ時間をかけて どこにもないもの より良いプランを考え抜きます。

それを またCADを使って図面を描くのですが、楽しい瞬間がいくつかあります。

敷地、建物、境界を入力したものに手描きで下絵を描き込んでいくのですが、下絵が出来上がりパソコンに向かい、ものすごいおおまかなカタチを入れ始めたタイミングがとても楽しいときです。

ちょうど写真くらいのタイミングがベストです。

基本的に私はCADが好きなので入力中は常に楽しいのですが、やはりまっさらなキャンバス(画面上)にこれから作られるであろう架空のカタチが見え始めたときにはなんとも言えない感覚が湧いてきます。