HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常このように外構プラン作製が進んでいきます

このように外構プラン作製が進んでいきます

エクステリアプラン下絵

外構プラン下絵

本日はsotoDesignがプランを考えて書き進めていく過程のことを少しお話してみたいと思います。
まずは上の写真をご覧ください。
この状態までプラン作製するまでにお客様とのヒアリングは終了しており ご希望等を十分考慮して検討に検討を繰り返してプランの下書きを何度も書き直して次のステップへ進んだ状態の写真になります。
左写真のラフプランの状態から 右写真のプラン下書きに移行に伴い平面図上での各ゾーンのバランスや実際に工事する時の収め等が再検討されより現実に近い状態になっていることがおわかり頂けると思います。
このような変更は実際にCAD入力する際により一層時間をかけて検討されます。
CADの場合入力された図面はどの角度からも全方位で確認できます。
この便利なCADだからこそ考えたプランの粗や整合性のとれていない部分が良くも悪くも一目瞭然に見えてきます。
それゆえにCAD入力段階に入ってからプランの大規模変更やプラン自体がボツになる事も無いわけではありません。
当方にご依頼を頂いた物件につきましてはこのような行程を経て少しずつ完成に近づいていきます。
これらの行程は物件の大小により大差はありません。大きくても小さくてもとる行動は同じですどのような物件でも
最善のプランを考えるように心がけております。
ほんの少しですがプランの提示までにお時間を頂いている訳をご理解いただけたでしょうか?
現在お待ち頂いているお客様にはご迷惑をおかけしておりますが今しばらくお待ちいただけると幸いです。