HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構プランニングで気を付けていること

外構プランニングで気を付けていること

外構3Dパース作成中

sotoDesign事務所では様々なお客さまから外構のデザインについてご要望いただき
それぞれに個性のある外構プランニングを行っております。

ご要望内容と私たちの考えを混ぜ合わせまずは手書きのラフプランを作成します。
ラフプランを元に3DCADに入力してはデザイン面・設計面を確認し変更を加える等を繰り返し
このプランにとってベストな提案を検討して行きます。

CADに入力することでパソコンの中ですが3Dで見ることができ、頭の中で想像していたものがよりリアルなイメージとなります。そうすることで全体的なサイズ感や造形が把握できたり細かな寸法までも現実とほぼ同じ形で確認を行えます。

お客さまにとっても頭の中でリアルに想像するには難しい部分でも
このようなイメージがあれば検討をとても行いやすいと思います。

このように検討を重ねプランニングを行う段階にくるまでに現地調査や建物の入力を行うのですがこの建物入力において気をつけている事がありす。
お客さまから頂いた建物のパース画像や建築が進んでいる場合は現地で
外壁や玄関タイル等のカラーや建物の形状や特徴を確認し
当社で使用しているCADで表現可能な限り実際のものに近づけて入力します。

実際の建物に近づけて入力していることで
よりお客さまにとってリアルに外構の完成イメージを確認して頂けると考えているので
このような点に気をつけております。

sotoDesignにとって、ひとつの大切な作品になるように
お客さまにとってベストなご提案になるように
日々外構プランニングを行っております。