HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構プラン作成に携わって感じたこと

外構プラン作成に携わって感じたこと

エクステリアプラン作成中
新入社員の大西です

先日からエクステリアのCAD入力練習を行なっていたのですが、今日その入力が全て完了しました。
今までに初めから最後までCADで入力する事はなかったですし、アドバイスや改善点を聞いてもっと良くなるのにはどうすれば良いのかと今までに使っていなかった感覚を使ってデザインを詰めていく作業を繰り返しブラッシュアップしていく事も初めての作業でした。今回このように作業を行って初めてな事で溢れていましたが、CAD操作のスキルや外構プランを作り上げていく上で必要になってくる知識やデザインする為に必要な感覚など様々な事を学べて自分の成長に繋げられる経験になりました。このようにプランを考える面では最初から最後までとりあえずは一つの流れを行なって、現実のもとなっていくかもしれないというものに携われることが嬉しかったり作業中もデザインが良くなる為に考える事は楽しかったなと思います。
そして、プレゼン用資料も作成完了しましたので残すはプレゼンのみです。当たり前なのですがデザイナー側はどのプランも素敵だと確信しているからこそ、そのプランをお客様にご提案しているのだと竹本社長から教わった言葉通りに私も今回のプランも素敵だと思いながらCADで書いていました。そう思っていても、人によってそれぞれ美的感覚などは違ってくるのでお客様の目にどう映るのかは分かりませんがsotoDesignが考えた外構プランを是非ゆっくりと見て頂きたいです。