HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常外構着工にあたり三者打ち合わせ

外構着工にあたり三者打ち合わせ

外構工事施主立ち会い打ち合わせ
外構着工前現場
年始始動したsotoDesignですが今年一番目の現場打ち合わせになります。
参加者は施主様(奥様)、ハウスメーカー監督、sotoDesignの三人です。
まずは監督と名刺交換を済ませてsotoDesignの描いたCAD図にて打ち合わせを進めてまいりました。sotoDesignが気になっているところを数点質問させてもらい ハウスメーカー監督にお答え頂き お客様にもご理解ご納得頂くという形式をとらせてもらいました。参加者全員が同じ資料でもって現地で打ち合わせすると 流石に的を得た打ち合わせになりなおかつ打ち合わせ時間等も短くできたりします。その中での最大利点はお客様が安心されるということでしょうか。一生に数度もあるわけでも無い住宅建築ですが 皆さん個々の期待と夢に溢れているはずで、その新居に携わるプロフェッショナルとして各々のセクションで全力を尽くすのが当然です。建築の関係者がどうしても外構・エクステリア関係者に伝えておきたい事柄などがあリ その真逆もあるわけなので 今回の様に関係者同席のミーテイングは非常に大切な事だと再度実感いたしました。
もう古い話になりますが大昔sotoDesignがハウスメーカー勤務時代は 今日のミーテイングとは現在と真逆の立場だったわけで 久しぶりに昔を思い出し新鮮な感じがしました。
これらもお客様にお喜び頂く為に必要な行程と考えております。
勿論こちら邸の詳細はブログで書き綴ってまいりますのでお楽しみに。