HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常インターン生を迎えた感想

インターン生を迎えた感想

学生インターン
去年は流石に新型コロナの影響でインターン学生が研修に来ることはありませんでしたが 今年は昨日から新しいインターン生がsotoDesign事務所へ勉強に来ております。今から遡る事数年になりますが 現在当社の正社員として日々奮闘している大西も 今回と同じインターンシップ制度が一番最初の交流の場でした。
本日は二人を連れて現地調査に行ってまいりました。社員二年目の大西に 母校の可愛い後輩への対応がにじみ出ているように見えます。先輩としての威厳も保たなくてはならないので 自分の知りうる知恵や経験などをインターン生に話しているところが sotoDeign自身には非常に新鮮に写り微笑ましくも見えました。時間にして一時間ほどの現地調査ではありますが 寸法の確認や大事な部分の写真等を撮り終え、現地でお客様のご要望の再確認などを終え無事に終えることができました。
人生で初めてインターン生として会社に行き、現場等も全くわからないままに現場へ自動車で連れて行かれ「今から現場の寸法や写真などを撮ります」となった学生はの心境はどのようなのでしょうか? 私自身数十年前に通過してきた道なのですがもうすっかり忘れ去られた記憶の中ですが、なによりこの世界に飛び込んで見ようという若者が少なからずいることはとても嬉しいことで 今後の彼らの活動にとても期待もしています。
とても短期間ではありますが この時間を大切にしたいと考えております。