HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常現地調査で心がけていること

現地調査で心がけていること

N邸現調
新入社員の大西です。本日は新たにご依頼頂いたお客様のプラン設計のため現地調査に同行して参りました。現調に同行して思ったことを少し今日は書こうと思います。
sotoDesignでは基本的に現調を行う前にまずお客様にsotoDesignへお越しいただきご希望の内容をお聞きするヒアリングの時間があります。現調を行う際にそのヒアリングでお聞きしたことを頭に入れ思い出しながら現調を行います。それに加えてお家があってこその外構ですので、お客様から頂いた図面と現地でお家の形や窓の位置を確認したり、現調時に外壁の色がわかる場合は必ずチェックするように心がけてています。もしまだ現地で分からない場合は建物のカラーパースを頂いてチェックしたり外壁ができてからまた現地で確認をしております。先程言ったように、お家が無ければ外構というものは存在してきません。建物と外構の関係性はとても重要でお家と外構の色や雰囲気のテイストをまとめずに全く異なるテイストのものを置いてしまうとおかしな事になってしまうということです。そのため、 必ずカラーパースや現地で必ず確認し、弊社で使用しているCAD内で表現できる限り近づけてお家の入力を行い、プレゼンテーション時にパソコンの中で建物と外構を合わせてみてもらうことで完成像をイメージしやすくなればと思っています。今後もこの心がけを大切にプラン設計を行って参ります。