HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常河川の氾濫ハザードマップ

河川の氾濫ハザードマップ

河川氾濫浸水ハザードマップ
この度の台風によって 特に関東以北の被害は甚大です。
多くの方が犠牲となり まだ安否不明の方も多く 心よりお見舞い申し上げます。

大きな地震の際にも感じますが ヒトの小ささ弱さ
どんなに文明が発達しようとも 令和の新時代になっても ヒトは自然にかないません。
長いスパンで考えれば日本という地形を考えても様々な気象異常に影響を受けてきたであろうとは思います。
現代だから大丈夫ということはないのかもしれませんね。
では 何ができるだろうと考えると 知ること備えることだと考えます。
災害の被害にあった全国のみなさんの窮状をうかがいしると 決して他人事ではありません。

防災ハザードマップはご覧になったことがありますか?
各都道府県あるいは市町村によってこまかく表示されていますので 是非一度ご確認されることをおすすめします。
また今日 ご紹介する河川の氾濫等により浸水するかもしれない地域を明示した国土交通省の「浸水ナビ」も
参考になると思います。
上記の写真のように わかりやすく表示されます。これをみて感じるのは 浸水は川のそばだけではないということです。
「地面が低いかどうか」は なかなか感じられにくいことかもしれません。
たとえばこの大阪の中心部から新大阪方面に向かっての地域は すっかり浸水する場所だとわかります。
新御堂を車で走り抜けてしまうと そういったことは考えることもありませんが
淀川から神崎川まで そして摂津なども水害の危険が多いということになります。
お住まいの地域を検索してみてはいかがでしょうか。

国土交通省 地点別浸水シミュレーション検索システムhttps://suiboumap.gsi.go.jp/