HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常12月の外構ファーストプレゼンの資料が続々

12月の外構ファーストプレゼンの資料が続々

エクステリア提案例
外構設計案
12月もそろそろ中盤に差し掛かろうとしていますが  今月ファーストプレゼンを迎えている物件の資料が続々と出来上がってまいりました、プレゼンの日程も決定していますので頑張ってプレゼンしてまいりたいと思います。
上記2邸の外構も初回ヒアリングから数えると平均2ヶ月お待ちいただいております。決して自慢できることではなくむしろ反省しなければならない点が多く反省しているところです。そのような中でのファーストプレゼンをお待ちのお客様に向けてsotoDesignにできる最善のプランを検討に検討を重ね仕上げたつもりです。
それぞれのお客様からのヒアリングノートを何度も確認し 中にはお打ち合わせで書き込んだ内容よりもこちらのほうがお客様にとって最善であるだろう部分については
sotoDesignの独断で変更したりもしています。
でもそれがお客様の為並びに物件の為になるのであればと思いながらプラン作成する事もしばしばですが、よく考えてみるとお客様は概ねどこの外構。エクステリア工事店に行って打ち合わせされても同じ内容ご要望を伝えておられるはずです。そこでsotoDesignが同じ要件で設計しよくにたプランをご提案しても
あまり意味が無いと判断しヒアリングの内容と少し違った内容でプレゼンすることも案外多くあります。
sotoDesignの経験上ではむしろ他社とのプラン(考え方)の違いを表現できたほうが成約率が高いようにも思います。
今回の二組のお客様へのプレゼン資料もそのような部分を織り交ぜたプランに仕上げました。今後プランを確認いただくのが楽しみです。最終的にはお客様のご判断に委ねないといけない部分になりますが全力でプレゼンに挑みたいと考えております。12月も最後まで全力でお仕事に取り組んでいきたいと考えております。