HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常事業年度を振り返って思うこと

事業年度を振り返って思うこと

去年の年明けから新型コロナウイルスの影響をうけたまま2020年4月1日より今期事業年度が始まりましたが
事業者にとって いつもより心細い事業年度のはじまりだったように思います。
当時あまり聞き慣れない緊急事態宣言やステイホームなどという言葉の中で過ごした昨春が非常に印象に残っております。
4月からは新人社員も採用していたので少し不安も感じていたのですが この新人社員がとても優秀で初夏を迎える頃にはそんな不安も忘れて仕事に取り組む事ができていました。
sotoDesignの反省点としましてはスタッフも増えたので 全ての案件に対しスピードと品質を求めてお仕事に取り組みましたがこれには良い面と悪い面があると感じさせられました。sotoDesign事務所にお問合わせいただくお客様の傾向はデザイン敏感である方が多いですが 少数派ではありますがお値段優先のお客様もおられます。それらの2つの傾向があるお客様に対するsotoDesignの対応がうまく機能していなかったと感じております。お値段優先のお客様に デザインのことばかりお話しても打合せは難航し最終的に当社をお選びいただけないという事態を作年は幾度か経験しました。
これまではある程度優先順位を決めて個々のお客様に対応していたのですが 今年度は全てのお客様に対して同じエネルギーで対応した結果 時としてうまくいかないと言うことを学びました。
やはりお仕事にはメリハリが必要であり 全てのお客様に対して同じサービスを心がけるという考えでは追いつかないということを実感しました。
いろんな反省をあらためて 4月から新事業年度が始まりますが一年を通じてお客様に喜んでいただけるようスタッフ一同精一杯頑張って参りますので宜しくお願い申し上げます。
外構ホーム