HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常真夏の外構現場の準備

真夏の外構現場の準備

早いものでもうすぐ8月になりますね。造園 外構の作業として 一年で一番過酷な時期です。
日中 立っているだけでも大変なのに 作業をするのですから屋外作業の職人さんには頭が上がりません。
若い方の方が元気だと思ってしまいますが若くても熱中症にはなります。
若いアルバイトを雇っても 屋外作業の経験がない人には ちょっとこの時期の作業は無理です。
さらに 弊社の植木職人が言うには 外構の現場は 植木の剪定現場に比べてさらに暑いといいます。
植木の剪定の場合 茂った植木や日陰の順番を考慮して作業をすすめることができますが 外構は植木も無かったりして日陰がとても少ないので 暑いらしいです。
職人は全員体に気をつけて 水分や休憩を充分とって 毎日の現場を乗り切ってもらいたいと思います。

さて明日は sotoDesignも現場へでかけ 終日作業の予定です。
植木を準備したり 砂や建材を用意したり 現場の下見や打合せを重ね 準備万端にしています。
事務所で設計しているのと別の緊張感がありますが 自分が作ってお客様にご提案した内容がきちんと完成しているか
こまかな部分まで自ら確認できるので こういう最終工程での現場作業は重要です。気合い入れてがんばってきます。


植木下草