HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常エクステリア門扉の動作テスト

エクステリア門扉の動作テスト

エクステリア金物
エクステリア商社担当さん
このブログをお読みの方はオープン外構、クローズドエクステリアという言葉を知っておられる方が大半だと思います。
お問い合わせいただく件数からするとオープン外構のプランを作成するほうが多いのですが、当たり前ですが門扉のついたクローズド外構をご希望される方が一定数おられるのもたしかなことです。
只今sotoDesignで工事をさせていただいている吹田市のお客様もそのお一人で、きちんと門扉でしめてクローズド形式がご希望でした。

そこで門扉のお話を少ししたいと思います。皆さんも知っていると思いますが門扉には電気錠が仕込まれたものが
昔から設定されております。
どのメーカーさんにも設定がありいわゆるバブル時代等は沢山扱った記憶があります。
これらの門扉は建物の中にコントロールユニットを置き、門扉とそのユニットを有線で結び錠の開閉をおこなう形式が
標準です。現在もこのシステムは現役で活躍しておりますが ここ数年ですがこのシステムに変化が出てきております。
そのシステムには親機と門扉を結ぶ有線が必要ありません。門扉に電波の受信ぶがあり自動車のキーレスリモコンのような物を使用し全てリモコンで操作するという非常に現代的なシステムです。設置も簡単で配線をひつようとしないということも非常に素晴らしいことです。
ですが一つ大きな問題を抱えております。
それはリモコンシステムゆえどのような状態でも機能するということでは無いということです。わかりやすく言うと自動車のリモコンやテレビのリモコンなどもある一定の距離を超えると機能しないですよね。ことこの問題は門扉の機能としては非常に大きな問題で例えばキッチンやリビングなどにリモコンをおいておいて、いざ使用しようとすると距離の問題で機能しないてな事があるようで、現在でも旧式の有線式で更に高価なシステムが現在でも使用され続けているのだと思われます。
そこで当現場のお客様から「リモコンが機能するかしないかを確認したい」というリクエストを頂いたわけですが
どこのメーカーに問い合わせてもテスト機はありませんの答えが帰ってきます。
sotoDesignとしても何かふにおちない気持ちになりメーカーさんに「なんとかして下さい」と強くお願いをしてなんとか一つだけ送受信機を用意してもらいました。
でもこれってある意味お客様が言っておれれる事が正しいと思います。数十万も投資して取り付けた門扉が
いざ使用してみようと試すと動かないなどということはあってはいけませんよね。もっと言うといくら優れた商品でも
機能しない商品は難の意味も持たないですので全メーカーさんに言いたいのですがテスト(試験)機は用意しておくべきだと思いました。購入する側からすれば当たり前のことで今回どのメーカーさんも用意が無いことをしり
sotoDesignも少しビックリ下次第です。
こちらの吹田市の物件ではテスト結果は概ね良好でしたが、やはり建物内部の場所によっては施錠、解錠ができないところがありました。もしその場所が一番メインで使用されるリビングやキッチン等で起きたとすると本当に大きな問題
になります。納得されないお客様も沢山おられるだろう思いました。
そのような中今日のテストでは概ね良い結果がでてホッとしております。純粋に考えて どのメーカーにもエクステリア機材にテスト機の用意が無いのは おかしくないだろうか?」お客様と同じ気持ちで本当に不思議に思いました。
この素晴らしいリモコン式の電気錠門扉の普及のためにもテストができる環境整備を是非望みたいと思いました。