HOMEsoto DesignブログsotoDesignの日常オリジナリティのある外構プランになるように

オリジナリティのある外構プランになるように

外構プランニングの様子
本日も事務所では外構のプランニングが行われておりました。

sotoDesignでは初めに手書きのラフプランを行う中でデザインを追求する事でプラン全体のテーマができあがります。
まだCAD入力をしていないので人間ができる想像の範疇ですが立体的な造形イメージもみえてきます。

そして、このラフプランを元にしてCAD入力を行っていきます。
CADに入力することで3次元的にイメージを可視化する事ができラフプランだったものが完成形のプランへと近づいていきます。
その際にお客さまに気に入っていただけるものになりそうだと判断してプラン完成に向けて詰めの作業に進んだり、もっとブラッシュアップできる部分がある場合は更に検討を重ねます。

ひとつひとつのプランニングに対するsotoDesignの思いは強くそれぞれがオリジナリティをもった外構プランになるように
日々深く考えこのように外構プランと向き合っております。